高野豆腐はきめの細かいものを選び、常温か冷蔵室で保存します。

高野豆腐のもどし方

高野豆腐を使うときは、バットに並べて50~60度のお湯をたっぷり加え、落としぶたをして芯がやわらかくなるまでもどします。これを両手にはさんで、濁りがなくなるまで流水で押し洗い。軽く絞って水をきります。

高野豆腐の冷凍保存方法

もどすのも煮るのも時間がかかる高野豆腐は、含め煮にして冷凍保存がおすすめです。

だし汁、砂糖、薄口しょうゆ、みりんを煮立たせた中に、もどした高野豆腐が重ならないように並べて入れ、落としぶたをして煮含め、そのまま煮汁につけて冷まします。

冷めたら煮汁を軽くきり、金属製のバットに並べてラップをかけて冷凍します。凍ったら冷凍用パックに入れて冷凍保存します。こうすればくっつかず、必要なだけ取り出せます。

冷凍した高野豆腐の含め煮はレンジ解凍してそのまま食卓へ。細かく切れば卵とじや五目ずしの具にも使えます。凍ったまま高野豆腐を片栗粉をつけて油で揚げても、おいしく食べられます。保存期間は約1ヶ月程度です。

●高野豆腐(凍り豆腐)の保存方法はこちらにも詳細があります。
→高野豆腐(凍り豆腐)の保存方法(健康マトリックス)