体の中にあるは4g前後で、血液、筋肉、細胞の中に存在しますが、もっとも多く存在するのは血液中(約65%)です。

鉄は赤血球の成分として、肺でとり込んだ酸素を体内にくまなく送り届けています。また、筋肉や細胞にある鉄は、血液中の酸素をとり込んでエネルギーを燃焼させる手助けをしています。これを機能鉄と呼びます。

そして残りの鉄は貯蔵鉄といい、肝臓や骨髄にたくわえられ、機能鉄の不足を補います。酸素の運搬以外には、各細胞で酵素の成分として酸素を活性化し、エネルギーの産出を助けています。

鉄分が不足すると

鉄の不足状態が続くと貧血(立ちくらみ、顔色が悪い、息切れ)、発育不全、体温調節能力の低下の症状が起きることがあります。

鉄分を多く含む食品

  • 豚肉(レバー) 13.0mg
  • 鶏肉(レバー) 9.0mg
  • レバーペースト 7.7mg
  • パセリ 7.5mg
  • 牛肉(センマイ) 6.8mg
  • 豆みそ 6.8mg
  • たまごの卵黄 6.0mg
  • ほや 5.7mg
  • あゆ(焼) 5.5mg
  • しじみ 5.3mg

鉄分の1日当たりの推奨量(成人)

男性:10mg
女性:12mg

鉄分と他の成分の上手な組み合わせ・注意点

食中、食後のお茶、コーヒーのタンニンは鉄の吸収を阻害します。また野菜や海草類の非ヘム鉄は吸収率が悪いので、たんぱく質やビタミンCと一緒にとりましょう。