• 脳のエネルギー源、ブドウ糖で明快な頭の働きをキープ!

朝食ぬき、睡眠不足も大きな原因になる

1日の活動を始めても頭がしっかり覚醒せず、午前中または日中ずっと、頭がぼんやりしているという人がいます。

その原因のひとつは、朝食をぬいたために起こる低血糖で、脳の唯一のエネルギーとなるブドウ糖の不足です。

応急処置としては、血糖値をすみやかに上げるはちみつや砂糖などの糖質を少量とるといいでしょう。

ただし、急上昇した血糖値は下がるのも早いので、朝食を食べる習慣をつけることが大事です。ごはんと野菜から糖質と食物繊維をとることで、血糖値をゆるやかに上昇させ、長い時間キープさせることができます。

睡眠不足のために、頭がぼんやりするというケースもあります。こういう場合は、朝はコーヒーやお茶からカフェインをとって、脳を覚醒させます。加えて、夕食前の間食などにバナナから催眠成分であるメラトニンをとると、寝つきがよくなります。

また、カフェインに弱い人は、夜間はコーヒーやお茶をあまりとらないほうがいいでしょう。

日中、ずっと頭がぼんやりするという場合は、睡眠時無呼吸症候群が考えられます。ひどくなると日常生活に支障をきたし、車などの運転では事故を起こす可能性もあるので、早めに病院で検査を受けましょう。とくに太っている人に多い病気です。

朝食ぬきは、ぼんやり頭の原因に。簡単なものでいいので、朝食はきちんととろう!