• 節酒と肥満の予防・改善をし、バランスのいい食事を心がけよう

自覚症状がないので定期的な検査での発見が大事

肝炎や肝硬変などの病気があっても、自覚症状がないまま進行するため、肝臓は「沈黙の臓器」といわれています。

肝臓は再生能力があるため、肝細胞が破壊されても再生できますが、それを繰り返していると、その部分が繊維化して筋のようになり、肝臓が硬くなって凸凹してきます。

この状態を肝硬変といいます。肝硬変が怖いのは、肝臓ガンや、肝機能が著しく低下する肝不全に進む確率が高く、食道静脈癌破裂などを併発しやすいことです。いずれも死にいたる確率が高い病気です。

症状としては、腹水、吐血、肝性脳症(うわごとなどの神経症状)、黄症などがありますが、症状が出るころにはかなりの重症になっています。

そのため、肝硬変の前段階である脂肪肝や肝炎のうちに気がついて治療を始めることが必要です。

肝硬変の前段階である肝炎には、ウイルス感染によって起こるB型・C型肝炎、自分の体内の成分に対してアレルギー反応が起こる自己免疫性肝炎、脂肪肝から移行するアルコール性脂肪性肝炎(ASH)と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)などがあります。

最近注目されているのが、お酒を飲まない人が肝炎になるNASHです。男性はASHになる可能性
が高いですが、NASHは女性に多いのが特徴です。

その原因として重要なのがメタポリック・シンドロームで、内臓脂肪の増えすぎにより、肝臓にも脂肪がたまって脂肪肝になります。

そこに、何らかの要因が加わって炎症が起こり、慢性化して、肝硬変に移行していきます。NASHが怖いのは、進行が非常に早く、肝硬変の段階をふまずに、いきなり肝臓ガンになる可能性も高いことです。

肝機能を高める成分やポリフェノールをしっかりとる

肝硬変の予防には、その前段階である肝炎を予防することが必要です。ウイルス性のB型・C型肝炎の場合は、免疫力を高めたり、手洗いやうがいを習慣化してウイルスに感染しないように気をつけます。

ASHの場合の予防は、まず、お酒を適量にとどめることです。すでに、アルコールが原因で脂肪肝や肝炎になっている場合は、禁酒します。

NASHの場合は、肥満やメタボリック・シンンドロームが誘因になるので、糖質や脂質のとりす
ぎに注意し、食事の量を適正にして肥満を予防・改善します。

ASH・NASHいずれの場合も、栄養バランスのとれた食生活が肝機能をサポートします。良質のたんばく源である魚介、赤身の肉、大豆・大豆製品、卵を毎日適量とり、野菜やフルーツからビタミンやミネラル、食物繊維などをとります。

また、肝機能を高めるために、クルクミンが含まれるターメリック(ウコン)、イソチオシアネートが含まれるキャベツや白菜、モロヘイヤ、クコの実などをとるのもいいでしょう。

すでに肝炎を発症している場合は、炎症をやわらげる効果があるポリフェノールやオメガ3系の脂肪酸をとるのがおすすめです。

ポリフェノールは野菜やフルーツのほか、高純度のチョコレートなどからも摂取できます。オメガ3系の脂肪酸には、αリノレン酸(しそ油など)やDHA・EPA(青背魚など)があります。

また、肝機能を改善するために、たんぱく質を増やすほうがいい場合もあります。

症状や年齢によって摂取量が変わってくるので、詳しくは主治医や管理栄養士に相談してください。