• 高尿酸血症
  • 足の激痛の背後には生活習慣病が
  • プリン体の多い食品をひかえよう

足の指にたまった尿酸塩が突然、発作を起こす

痛風はある日突然、足の親指のつけ根の関節が勝れて痛み出すことから始まり、これを「痛風発作」といいます。

病名のとおり〝風が吹いても痛い″ような激痛が続きますが、1~2週間ほどで痛みはおさまります。

ほうっておくと、この発作が繰り返し起こるようになり、腎不全や心筋梗塞など怖い病気のリスクも高まってきます。

その理由は、痛風は関節の病気ではなく、高尿酸血症という生活習慣病が進むことで現れる症状のひとつだからです。

痛風の治療では、まず関節の痛みをとる薬物療法が行われ、痛風発作がおさまってから、高尿酸血症のケアを開始します。

足の痛みがとれたからと放置すると、痛風発作が頻繁に起こるようになり、高尿酸血症も進行するので、放置は禁物です。

高尿酸血症は、血液中の尿酸の濃度が慢性的に高くなる病気です。血液検査で尿酸値が7mg/dl以上になると、高尿酸血症と診断されます。

尿酸は、細胞中に含まれるプリン体という物質が肝臓で代謝されたあとにできる老廃物です。通常は、肝臓から血液中に流れ込み、腎臓を経て、尿といっしょに排出されます。

しかし、体内の尿酸が過剰になるとスムーズに排出できなくなり、尿酸塩という結晶になって関節や腎臓にたまってきます。

関節でいちばんたまりやすいのは、足の親指のつけ根です。そのため、血液中の尿酸が過剰になっているシグナルとして、痛風発作が起こってきます。

腎臓にたまると、尿細管に尿酸塩結晶がたまる尿路結石、腎不全などが起こります。高尿酸血症が進行すると、合併症も起こりやすく、高血圧、脂質異常症、メタポリック・シンドローム、脳卒中、狭心症や心筋梗塞などを発症しやすくなります。

ガス入りのミネラルウォーターに尿酸を追い出す効果が

痛風になる人には30~50代の男性が多く、大食漢でお酒をよく飲み、肥満している傾向がみられます。

また、遺伝的要因も関わるので、祖父母、両親、兄弟に痛風になった人がいる場合は、発症の確率が高くなります。

痛風も高尿酸血症も、食事に気をつけることで予防できる病気です。とくに遺伝的要因がある人は、予防のためのケアを習慣化することで発症を抑制できます。

痛風・高尿酸血症の予防の第一は、食べすぎとお酒の飲みすぎをひかえることです。肥満している人は標準体重まで減量し、それを維持する食事量にしましょう。

ウォーキングなどの軽めの運動も、減量に役立ちます。

加えて、尿酸のもととなるプリン体をとりすぎないことも大切です。プリン体が多い食品は、下図に示したものです。

お酒ではビールにプリン体が多く、たとえば、レバーや干物などをつまみにしてビールをたくさん飲んでいると、プリン体が増え、その結果、尿酸値も上がりやすくなります。

また、遺伝的要因を持つ人では、ビールとえだ豆の食べ合わせが尿酸値を上げるという調査報告があります。

適量を楽しむのはいいですが、多量にいっしょにとらないよう気をつけてください。

尿酸の排出を促す食品としては、ガス入りのミネラルウオーターの効果が明らかになっています。

水分補給は健康を保つベースでもあるので、1日1.5Lほどを目安に水を飲み、そのうちの何杯かをガス入りのミネラルウォーターにするのもいいでしょう。

また、短距離走や競技など、息切れをともなうような激しい運動は、体内で尿酸を増やす原因になるので注意しましょう。

【プリン体を多く含むおもな食品】
・レバー(鶏、豚、牛)
・干物(まいわし、あじ、さんまなど)
・白子
・あん肝
・うに
・かつお
・大正えび
・ビール など