痔の種類と症状

には、「いぼ痔」といわれる痔核、「切れ痔」といわれる裂肛、炎症や化膿のために肛門の周囲の皮膚や粘膜に穴があく「痔瘻」があります。

もっとも多いのは痔核です。これは排便時のいきみによるうっ血が原因で、肛門の静脈がたるんでコブのようなものをつくります。出血、脱肛、痛み、かゆみをともないます。

いぼ痔」は小指の頭くらいまでの大きさなら、温湿布や腰湯で保温してうっ血を取り、軟膏を塗っておけばおさまりますが、大きくなって炎症や出血を繰り返すようなら、手術したほうがよいでしょう。

切れ痔」はかたい便を無理に排泄することで、肛門の上皮が切れておこります。排便時に激痛があり、出血することもありますが、鮮血のうちは症状がそれほど進行していません。肛門が狭く、切れた部分の弾力がなくなってしまうと、手術が必要になります。

痔瘻」は大腸菌が原因で、肛門周囲膿瘍が進行してなるものです。痛みはあまりなく、膿が出て肛門のまわりがじゅくじゆくします。発熱をともなうこともあります。発生率は高くありませんが、手術しなければ治りません。

痔の治療

痔になっても、早期のうちに専門医の治療を受ければ大事にはいたりません。また、肛門からの出血や便の異常は痔以外の病気も考えられるため、恥ずかしがらずに受診しましょう。

妊娠時の痔

なお、女性は妊娠すると痔になったり、もともと痔の人は症状が悪化したりします。妊娠によって骨盤内の血液が増え、子宮が大きくなってうっ血がおこりゃすくなるからです。

痔の予防と対策

痔の予防の基本は便秘にならないことです。食事の内容やとり方に気をつけましょう。うっ血を悪化させる辛いものやアルコール類のとりすぎにも注意します。

同じ姿勢を長時間続けたり、腰を冷やしたりするのもうっ血の原因になります。また、肛門周囲の清潔に気を配ることも大切です。