• ベリー類や小豆など色の濃い食品が頼りになる

パソコンの使いすぎで起こる眼精疲労が急増中

近年はテレビのほか、パソコンや携帯電話、ゲームなどが幅広く普及し、「仕事でもプライベートでも、長時間、機械の画面を見続ける」という人が増えています。

ものを見るときは、毛様体筋が伸びたり縮んだりして、レンズ(水晶体)の厚さを調節し、ピントを合わせています。

パソコンなどの画面を注視し続けると、その毛様体筋の緊張状態が続いて疲労します。その結果、疲れ目、かすみ、痛み、充血などの症状が起こります。

それがひどくなると、頭痛、肩こり、吐き気、イライラなどの全身症状が引き起こされることがあります。

また、画面を注視するためにまばたきの回数が減ると、眼球が乾くドライアイになることもあります。

このように目を酷使していると、毛様体筋の疲労から、目のピントの調節がうまくいかなくなり、視力の低下につながります。

そのほかに、ビタミンAの不足によって網膜の機能が低下し、うす暗いところでものが見えづらくなることもあります。

一方、視力が低下する原因として、いくつかの病気が考えられます。ひとつは白内障で、ものが少しずつ見えづらくなり、メガネを替えても視力がよくなりません。

多くは加齢が原因で、水晶体が白くにごってくるのでわかります。緑内障は眼圧が上昇し、視野の一部が欠けてきます。

悪化すると、視力の回復が困難になります。また、加齢黄斑変性症という病気があり、これは網膜の黄斑部の機能低下が起こって視力が低下し、見ようとするものの中心が見えなくなります。

ほうっておくと失明にいたります。これらの病気の可能性がある場合は、すぐに病院で検査を受けることが必要です。

眼精疲労に効く成分をとり、ツボ刺激でリフレッシュ

疲れ目を予防・改善するためには、ポリフェノールの一種のアントシアニンが有効です。強力な抗酸化作用があり、活性酸素から目を保護し、血流をよくして、目の機能を高めます。

ブルーベリーやビルベリー、カシスなどのベリー類のほか、小豆や紫いもなどにも含まれています。また、さけ、いくら、えびなどに含まれるアスタキサンチンも、疲れ目に有効です。

角膜や網膜の細胞の材料となり、働きを高めるの疲れがビタミンAで、レバーやうなぎといった動物性食品に含まれています。

体内でビタミンAに変換されるβカロテンを、にんじんやかぼちゃなどからとるのも効果的です。βカロテンは抗酸化物質として、活性酸素の除去にも役立ちます。

また、ビタミンB1・B2にも、目の神経や筋肉の疲労を予防・改善する働きがあります。豚肉やバナナ、レバー、野菜類からとりましょう。

眼底の黄斑部と水晶体には、ルテインとその関連物質のゼアキサンチンが含まれており、光による目の損傷を防ぐという重要な働きをしています。

ルテインはカロテノイドの一種で、ほうれん草やケールなどの線の濃い菓野菜に多く含まれ、活怪酸素の除去にも役立ちます。

ゼアキサンチンはかぼちゃ、マンゴー、クコの実などに含まれています。

食品から有効成分をとるのと同時に、毛様体筋を休めることも必要です。パソコン操作の合間に、ちょっと離れた位置にある観葉植物をボーッと見たり、しばらく目を閉じたりするだけで、毛様体筋のストレッチになります。

また、目の周辺のツボ刺激も、疲れ目を取るのに役立ちます。

【目を取るツポ刺激の行い方】

上:こめかみのくぼみにあるツボ(太陽)を、人差し指で円を描くように15秒ほど押す。

下:目頭の際のくぼみのツボ(晴明)を親指と人指し指ではさむようにつまみ、15秒ほど押す