生理痛(月経痛)とは生理の前から生理が終わるまでの間に頭痛やイライラ、肩こりや乳房が張るといった不快感を伴う症状のことを言います。

生理痛は非常に不快感を感じますが、殆ど女性が経験することなので多くの場合、症状自体はそれほど心配は要りません。

生理痛(月経痛)の症状

生理痛といっても、痛みを感じる場所には個人差があります。主な症状としては頭痛や吐き気、胃痛やイライラ、集中力が無くなるなどがありますが人によって様々です。ただ多くの女性が感じる症状は下腹部や腰の痛みのようです。

生理痛(月経痛)の原因

生理痛のはっきりとした原因は明らかになっていません。ただ生理中は女性ホルモンである黄体ホルモンが急増し、ホルモンバランスが崩れます。また経血を排出するために子宮が収縮を繰り返します。そしてその影響により骨盤あたりの血行が悪くなります。これらのことが複合的に重なって生理痛を起こしていると考えられています。

生理痛(月経痛)の対処法

生理痛の症状は人によって様々でその重度も違います。一般的に不快感を伴うものの少し休むことで軽減する生理痛は心配ありません。

生理痛の症状を少しでも楽にするためには、まず体を温めることです。また体を冷やしたり締め付ける服は避けましょう。ストレッチなども効果的です。症状が重い時は医師や薬剤師に相談して鎮痛剤などを利用するもの手です。

生理痛には、精神的なことも多分に関係してきます。必要以上に月経をわずらわしく思ったり、痛みに神経質になったりせずに、いつもどおりの生活を心がけるようにしましょう。

治療が必要な生理痛(月経痛)

毎回、生理痛がひどくて学校や会社に行けない、鎮痛剤が手放せないなど、生理痛が日常生活に支障を及ぼす場合は問題です。一度、婦人科を受診しましょう。

心配な生理痛は、月経困難症と呼ばれていて、子宮内膜症や子宮筋腫などが原因の可能性があります。また、子宮そのものに異常はなくても、子宮の収縮が強い、骨盤内の臓器がうっ血している、自律神経系統の不調などといったことが原因の場合もあります。

とくに、以前よりも痛みが激しくなった、痛む期間が長くなったという人は要注意です。