生クリームの概要

生クリームとは牛乳を遠心分離器にかけて分離させ、乳脂肪分を摂ったものです。厚生省による正式名称は<クリーム>となります。昔は搾った牛乳ををそのまま置くことで乳脂肪分を分離させて生クリームを作っていました。

生クリームはバターやチーズ、アイスクリームなどの原料であり、また多くのケーキやお菓子の材料として利用されています。

現在では安定剤などの添加物や乳脂肪分の一部もしくは大半を植物性脂肪に置き換えたものなど生クリーム様(加工クリーム)なども多くあります。

厚生省による乳等省令(乳製品の規格などに関する省令)には生クリーム(クリーム)の定義を「生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したもの」「18%以上の乳脂肪分を含むもの」とされています。

つまり、正式に生クリームと表記できるのは上記の条件を満たしているもののみになります。商品としては分かりやすいように「純正」などと表記されているものもあります。