玄米の概要

玄米とはもみ米からもみ殻を除いただけのものです。久しく玄米の存在を忘れていた日本人ですが、現代の食生活の弊害が指摘されるなかで、再び玄米の栄養価に期待が寄せられています。

また、玄米と言えば、一般的に食感も味もよくないということで敬遠されてきましたが、最近では玄米を美味しく炊く炊飯器がでてきたことも玄米の利用を後押ししています。

玄米にあって、白米にないものは、果皮・種皮・糊粉層・胚芽で、白米はこれをとり除いた胚乳だけの状態です。

玄米の栄養成分と効能・効果

栄養的な価値は、生命が宿るといわれる「胚芽」に。胚乳はほぼでんぷん(糖質)で、エネルギー源として価値があるのですが、体に有効な多彩な成分は胚芽に存在します。

白米と比較すると、食物繊維・ビタミンEは6倍、ビタミンB1は5倍、脂質・鉄・リンは3倍、ビタミンB2は2倍という〝栄養のカプセル″です。これらの成分は胚芽と種皮に多く集中しています。

栄養的な特徴は、まず、ビタミンB群が多いことです。糖質の分解を助けてエネルギー化し、活力源を産出し、疲労を回復し、脳の活性をはかり、集中力をつけるなどと働くビタミンです。やる気の出てくる栄養素ともいえます。

豊富なビタミンEは抗酸化作用で癌(ガン)・アンチエイジングなどに効果が期待できます。食物繊維は便秘や整腸作用に役立ち、コレステロールの腸への吸収を抑制して、動脈硬化をはじめとする生活習慣病の予防にも効果的です。

ただ、玄米は消化がよくないので、よく噛まなければこれらの栄養分の活用はできないという点に留意をしましょう。

玄米に期待される効能

動脈硬化
便秘
整腸作用
疲労回復
アンチエイジング

玄米の主な栄養素(100g中含有量)

マンガン 2.05mg
ナイアシン 6.3mg
マグネシウム 110mg
ビタミンB6 0.45mg
銅 0.27mg
ビタミンB1 0.41mg
リン 290mg
パントテン酸 1.36mg
亜鉛 1.8mg
食物繊維 3.0g
ビタミンE 1.3mg

※カロリー 100gあたり350kcal