柿(かき)の概要

の学名は「ディオスブロス・カキ」といいます。その学名が示すように柿は日本や中国が原産地で、今では全国に1000種以上の品種があり、日本を代表するくだものの一つです。

柿の主成分は糖質で、ブドウ糖・果糖・蔗糖を多く含み、即エネルギー化できるところが特徴の一つです。昔から、柿はそのおいしさもさることながら、「柿が赤くなれば医者が青くなる」といわれるほど、健康によいことでも知られ、薬効が広く活用されてきました。

柿(かき)の栄養成分と効能・効果

実際にその成分をみてみると、柑きつ類に次ぐビタミンC(大きな柿1個で、1日分の所要量が充分とれる)をはじめとして、ビタミンB1、ビタミンB2、ミネラルと、各栄養素をバランスよく含んでいます。

また、柿の橙色はβ-カロテンによるもので、ビタミンA効力があります。甘柿にも渋みの成分・シブオールとアルコールデヒドロゲナーゼという酵素があり、これらはアルコールを分解する働きを持っています。

また、カキ渋タンニンは血圧を下げる効果があるので高血圧に有効ですが、鉄と結合して鉄分の吸収を妨げるので、貧血の人は食べすぎに注意です。加えて、柿にはカリウムが含まれるため利尿作用もあり、酒のあとや二日酔いにはもってこいの果物と言えます。

柿の葉も、実に負けていません。〝自然のビタミンC剤″と呼ばれるほどの含有量(みかんの数十倍)を誇り、かきの葉茶や若葉を使った天ぷら料理などは、喫煙や飲酒で失われたビタミンCを補うのにもぴったりです。

干し柿の甘味は生柿の4倍。ビタミンCは失われるものの、ビタミンAは3倍近くにもなります。食物繊維も豊富ですので便秘気味の人は積極的に食べましょう。尚、干し柿にふいた白い粉(柿霜)は、ブドウ糖と果糖の混合物なので食べられます。

旬:秋 エネルギー量:100gあたり60kcal

柿(かき)に期待される効能

  • 疲労回復
  • 風邪
  • 高血圧
  • 二日酔い
  • 美肌
  • 便秘

柿(かき)の主な栄養素(100g中含有量)

  • ビタミンC 70mg
  • マンガン 0.5mg
  • 食物繊維 1.6g
  • 葉酸 18ug
  • レチノール当量 70ug

※カロリー 100gあたり54kcal

柿(かき)の調理のポイント

生柿を料理に使うときは、相性のよい大根とともに、なますなどの酢のものにすると、互いのビタミンCを損なうことなく、食べられます。

柿の葉のビタミンCを効率よくとるなら、柿の葉茶が効果的ですが、若葉を使ったサラダやあえもの、天ぷらなどでも、ビタミン類を壊すことなく、上手に効用を生かすことができます。

干し柿は、あえもの・揚げもののほかに、ドライフルーツとしてお菓子の材料に向いています。

柿(かき)の選び方と保存

柿は皮にはりとつやがあり色の渡いものを選びましょう。へタがいきいきと元気なものが良品です。