• 大豆イソフラボンや体を温める食品で、元気にのりきろう

心身の両面に様々な不快な症状が現れる

更年期とは、女性の場合、50歳前後で閉経する前後10年ぐらいの時期をいいます。

この時期に女性ホルモンが減少するため、顔のほてりやのぼせ、腰や手足の冷え、頭痛、不眠、一屑こリなどの変調が起こります。

精神面ではイライラや落ち込み、感情の起伏などが現れます。こうした、さまざまな不快な症状を、更年期障害といいます。

女性の場合、更年期になると、卵巣にある卵子の大部分が使い果たされるため、卵巣から分泌されていた女性ホルモンの生産量が激減します。

更年期障害の原因は、女性ホルモンのなかでもエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少によるものです。

エストロゲンが減少すると、脳の視床下部はエストロゲンを増やすように卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンを分泌しますが、卵巣がそれに応えられないため、それらのホルモンの分泌が過剰になって、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

この時期に精神的なストレスが加わると、自律神経が乱れ、更年期症状が悪化します。自律神経失調症と診断されることもあります。

エストロゲンの分泌量が減少すると、骨量の維持やコレステロールの低下といった、エストロゲンの働きも減少します。

それまで、女性の体はエストロゲンに守られていましたが、この時期から、脂質異常症などの生活習慣病や骨粗しょう症などのリスクにさらされることにもなるので注意が必要です。

ちなみに、更年期を迎えた女性のすべてに不調が現れるわけではありませんし、不調の度合いは人によっていろいろです。

また、更年期障害は女性の病気と思われがちですが、男性ホルモンの分泌量が変わる40~50代の男性にも起こることがあります。

更年期特有の症状は、食事や気の持ち方で軽減される

冷えには熟産生を高めるポリフェノールが有効。更年期障害の予防・改善に有効なのは、大豆に含まれるポリフェノールの一種のイソフラボンです。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと構造の似た成分が含まれているため、体内で減少したエストロゲンの働きを補ってくれます。

大豆のほか、納豆、豆腐、豆乳、きな粉など、大豆製品に豊富に含まれているので、積極的にとるようにします。

冷えが強い場合は、体内の熱産生を高めるポリフェノールをとるのが有効です。赤唐辛子のカブサイシン、コーヒーやお茶類に含まれるカフェイン、チョコレートのテオブロミン、羊肉などに含まれるLカルニチン、玉ねぎや長ねぎ、にら、キャベツなどに含まれるケンフェロール、赤ワインのレスベラトロールなどがおすすめです。

肝臓での熱産生を高めるためには、アミノ酸の一種であるタウリンやクレアチンなどをとるといいでしょう。

タウリンはいか、たこ、はたて、あさりなどに、クレアチンは魚類や赤身の肉などに含まれています。

また、骨粗しよう症予防のために、牛乳や小魚、青菜などからカルシウムを補給しましょう。

食べ過ぎや塩分のとりすぎにも注意をし、肥満、高血糖、高血圧、脂質異常などメタポリック・シンドロームの危険因子を予防することも大事です。

更年期の時期は、子どもの自立、親の介護、夫や自身の定年、職場での重責など、さまざまなストレスが増える時期でもあります。

ストレスを感じたら、すぐに発散するようにし、ためこまず、何事もプラス思考でとらえることが大事です。

更年期を過ぎれば、さまざまな不調がうそのように消えるので、この時期を上手にのりきりましょう。