• 小さい豆に秘められたむくみ解消や抗酸化の特効パワー
  • むくみ予防・改善
  • 高血圧予防
  • ガン予防
  • 疲労回復
  • 肝機能強化

豆から煮て栄養分をまるごととろう

小豆は小さい豆ですが、その中には栄養分が凝縮されており、さまざまなパワーを発揮します。

そのひとつが、昔からいわれているむくみの予防です。カリウムを豊富に含むため、体内の余分な塩分の排出を促して利尿作用を高め、むくみを予防・改善し、血圧調整にも効果を発揮します。

また、苦みのもとであるサポニンも含まれており、この成分にも体内の水分を調整してむくみを予防したり、血圧を安定させたりする効果があります。

皮の赤い色素アントシアニンには強力な抗酸化作用があり、肝機能を高めて、糖尿病やガンを予防します。

さらにビタミンB1も多く含まれ、疲労の回復を促進し、食物繊維が腸内環境をととのえて、便秘やガンなどの予防に働きます。

豆というと調理が難しそうですが、小豆は煮る前に水につけておく必要がないので、手軽に使えます。

缶詰を使うのではなく、豆から煮たほうが栄養分を効率的に摂取できるのでおすすめです。

旬:夏~秋 エネルギー量(乾燥)100gあたり339kcal