• 日本が誇る〝畑の肉″
  • 女性ホルモン様成分にも注目
  • 脂質異常症予防・改善
  • メタボ予防
  • 更年期障害・乳ガン・骨粗しょう症の予防

バラエティ豊かな食品で有効成分をしっかり摂取

大豆や大豆食品は、古くから日本の食生活にしっかり定着しています。どれも低カロリーなうえに栄養価が高く、さまざまな効能を持っています。

大豆の主成分は、〝畑の肉″の呼び名があるように、植物性たんぱく質です。動物性たんぱく質に比べてコレステロールの上昇を抑える働きがあり、さらにファイトケミカルの植物ステロールを含んでいます。そのため、脂質異常症を予防・改善し、動脈硬化の進行を抑えます。

そのほかにも、大豆サポニン、大豆イソフラボンといった特有の成分が豊富。これらが、メタボリック・シンドロームを予防します。大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンに似た働きもするため、更年期障害や乳ガン、骨粗しょう症の予防にも効果を発挿します。加えて、血栓を予防するレシチンや便秘にいい食物繊維も豊富です。

最近は、缶詰やドライパックの大豆が市販されているため、下ごしらえなしで簡単に使えるようになりました。ただし、大豆は消化・吸収されにくいという難点があるため、大豆製品もおすすめです。

とくに豆腐は、絹ごLも木綿も消化・吸収がいいので、胃腸の弱い人や高齢者に向きます。

おからは食物繊維が豊富なので、肥満や便秘を改善したい人は積極的にとるようにしましょう。

大豆製品は日本人の健康を支えるパワー食品。バラエティ豊かな食品があるのも魅力。1日に1回以上はとろう

より手軽に利用できる豆乳、納豆、黒豆も楽しみたい

豆乳は、そのまま飲んでもいいですし、牛乳代わりに料理に使ってもよく、最近は豆乳鍋も人気です。

きな粉は甘みがあるので、無糖ヨーグルトや牛乳に混ぜてとるのがおすすめ。パンやクッキー生地に混ぜて焼くという方法もあります。

納豆は大豆を発酵させた食品で、その過程でできるナットウキナーゼが含まれます。ナットウキナーゼには血栓を溶かす作用があるので、心筋梗塞や脳卒中などの予防に有効です。

ただし、1日の適量は中程度の大きさで1パック。なお、心臓病の治療で抗凝固薬のワーファリンを服用している人は、主治医と相談のうえ、納豆はひかえるはうがいいでしょう。

おせち料理に欠かせない黒豆も大豆の仲間で、大豆と同じ成分を持っています。とくに大豆イソフラボンは大豆の約2倍もあり、肥満予防に効果があるビタミンB1・ビタミンB2や貧血を予防する鉄も含んでいます。

また、黒い色素のアントシアニンは抗酸化作用があり、老化やガンを予防します。黒豆に熱湯をかけるだけでできる 「黒豆茶」 で手軽にとれます。
旬:通年

大豆:エネルギー量100gあたり417kcal
豆腐:エネルギー量100gあたり72kcal
納豆:エネルギー量100gあたり200kcal
豆乳:エネルギー量100gあたり46kcal