多汗症とは全身もしくは手や足、脇の下などの局所から大量の汗をかく症状のことです。

汗は皮膚の汗腺で作られ、管により皮膚の表面に運ばれます。汗腺の活動が活発になると汗がひどくなります。

全身性の発汗は正常人でも気温上昇時、運動時、睡眠時にもみられ、局所的な発汗(手掌、足底、腋下)は精神的緊張状態でみられます。

多汗症の原因

多汗症は汗をかく部分や程度が人によって異なるため、原因を一つに特定することができません。

基本的な多汗症の原因は自律神経の乱れです。特に交感神経が失調しているケースが多くあります。

病的な場合としては、解熱時、全身衰弱、激痛、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、妊娠、閉経期、呼吸困難、縦隔腫瘍、大動脈癌、慢怪関節リウマチ、四肢神経・筋異常、片麻痺などがあります。

その他、手のひらや足の裏、脇下の多汗症の場合は心因性のことがあります。

多汗症の注意点

多汗症の場合、汗と組織片が細胞と酵母によって分解されることで悪臭を生じる傾向があります。代表的なのはわきがです。悪臭を抑えるには発汗部を清潔に保つことが大切です。

また、汗のほとんどは水分ですが、電解質(塩化ナトリウム)や他の化学物質が含まれているため多汗症の場合、失われた水分と電解質を補給する必要があります。

多汗症の治療

多汗症の治療は、まず血液検査で甲状腺機能亢進症、低血糖など病気がないかどうかを調べます。さらに胸部レントゲン検査やその他の精密検査が必要になるかもしれません。

全身性多汗症には原因となる全身性疾患を発見し治療しなければなりません。局所性多汗症には塩化アルミニウム製剤の薬物療法によりある程度コントロールできます。

塩化アルミニウム製剤の治療とは、まず最初に発汗部位を乾かし、塩化アルミニウム製剤で覆い、最後に薄いプラスチックフィルムで覆います。朝、フイルムをはがしその部位を洗います。

薬物療法で効果がない場合には、脇下の汗腺を外科的に切除することで脇下の多汗症は改善できます。ただし、代償性発汗と言う他の部分の汗が多くなる副作用の可能性があるので注意が必要です。

また、精神的カウンセリングや抗不安薬投与は、不安によって起こる発汗を軽減することがあります。