口臭とは口の中もしくは吐く息が臭いことです。口が臭いと人に不快な感じを与えているのではないか、何か病気でもあるのではないかと心配する人が増えてきました。

口臭の原因

口臭の原因の多くは、歯周病によるものです。

口の中には、何百種類、何百億個の細菌が常に活動しています。朝起きたとき、歯がネバネバしていますが、これは細菌のかたまりで、歯垢と呼ばれています。

この歯垢により歯を支えている歯茎や骨などの周囲組織に炎症が起きた病気を歯周病といいます。

細菌は、タンパク質を分解し、揮発性の硫化物を発生させますが、これが臭いのもとになるのです。炎症があるとタンパク質が増えるので、口臭も増えることになります。

起床時や興奮したときに口が臭いのは、唾液量の減少に伴う生理的現象です。

唾液には、抗菌作用、歯や粘膜の修復作用、食べ物のカスや歯垢、不要物を洗い流す作用などがありますので、唾液が少なくなることも口臭の原因となります。

老化や薬の副作用でも唾液が少なくなります。薬の四分の一に唾液分泌減少の副作用があるといわれていますので、薬を服用していることが多い高齢者では、口臭が起こる頻度が高いと考えられます。

そのほか、糖尿病やシェーグレン症候群など唾液分泌が減少する全身の病気でも口臭は起こります。

また、舌に白いこけが付着していることをよく経験されると思いますが、これは舌苔といって細菌や糖タンパク質などのかたまりです。

このこけの中で細菌が揮発性硫化化合物を作り出しますので、こけも口臭の原因となります。

ニンニクなどの食べ物や飲酒、喫煙などでも口臭は起こりますが、喫煙以外は一過性のものです。

このほか、鼻やのど、呼吸器、消化器の病気も口臭の原因となることがあります。

口臭の予防・対策

歯周病予防の基本は、歯垢が残らないように、毎食後に正しい方法で歯を磨くことです。歯科で定期的に歯垢を除去することや虫歯など歯やその周囲に異常を感じたら早めに治療することも大切です。

唾液分泌を促すためには、よくかむ、梅干やレモンを見ながら食べる、タ行やラ行の発音を繰り返すなどが有効とされています。

舌苔の予防としては、歯を磨くときに歯ブラシで優しくこすってこけをとることです。

また、口臭がないのにこれを訴える自臭症という病気がありますが、これは精神的な原因で起こるものです。