• 口の炎症は免疫力低下のサイン
  • ビタミンB2の補給で回復

炎症を刺激しない食べ物で必要な栄養を補給する

口内炎とは、唇や頬の内側、舌、歯茎などの口腔内にできる炎症性疾患のことです。

最も多いのが、アフタ性口内炎で、円形の小さいアフタ(潰瘍)が1個または数個でき、食べ物が触れると激しく痛みます。

原因は、ビタミンB2の不足、ストレスや疲労、かぜなどで免疫力が低下すると、発生するといわれています。

また、口腔内を噛んでしまったり、入れ歯や金冠などが当たったり、食べ物でやけどしたりして傷ができることがあります。そこに細菌やウイルスが感染すると、炎症が起こります。

一方、口角炎は唇の端に、ただれなどの炎症が起きるものです。免疫力が低下しているときに、細菌などに感染して起こります。

口内炎の場合は、ビタミンB2が不足しないよう、バナナ、レバー、卵、まぐろ、野菜類などから摂取しましょう。

細菌感染を防ぐためには、唾液の中に含まれるリゾチームやラクトフェリンなどを補給することが大事です。

リゾチームは卵白、ラクトフェリンは乳製品の一種に含まれています。特定保健用食品に、ラクトフェリン入りヨーグルトがあります。

口腔内の粘膜を強化して、免疫力をアップするためには、ビタミンAやβカロテンの摂取が有効です。

レバー、うなぎなどの動物性食品や、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜から補給しましょう。

口内炎や口角炎ができてしまったら、食べ物で刺激して症状を悪化させないことも大事です。
味の濃いもの、辛味があるもの、酸味があるもの、熱いもの、かたいものは避けましょう。うす味で、やわらかく、人肌程度の温かさのものをとるようにします。通常は1~2週間で自然に治ります。