力モミール(カミツレ)の概要

力モミールはヨーロッパを原産とするキク科の耐寒性一年草です。カモミールは「カミツレ」とも呼ばれます。古くから薬用ハーブとして用いられた歴史があります。

カモミールには「ローマンカモミール」「ジャーマンカモミール」「イヌカミツレ」「カミツレモドキ」などいくつか種類があります。一般的にカモミールという場合はローマンカモミールのことを言います。

力モミール(カミツレ)の成分

カモミールには精油としてアズレン、ビサボール、カマアズレン、ファルネセン、フラボノイド、ルチン、クエルシメトリン 、クマリン、サリチル酸誘導体、コリン、アミノ酸、タンニンなどを含んでいます。

力モミール(カミツレ)の効能・効果

力モミールの花の部分にはカプリン酸、ノ二ル酸など生理活性物質が含まれ、鎮痛・鎮静作用、解熱・消炎作用、消化促進、睡眠誘導、生理不順をはじめとする婦人病の改善などの効能のあるとされています。

今日では力モミールは健康補助食品、アロマオイル、ハーブティー、化粧品、医薬品などの分野で広く活用されています。

力モミール(カミツレ)の利用法

力モミールは乾燥したものを煎じて飲用したり、入浴剤として利用します。また、生花をサラダやハーブティーとして用いても効果が期待できます。