• 冷えはまさに〝万病のもと。食事と生活術で改善できる!

原因は体内の血流の悪化。不快な症状をともなうことも

冷え性は女性に多くみられる症状で、血液循環の悪化によって、手足の末端や腰などの血液量が少なくなり、部分的な冷えを感じます。

冷えは、西洋医学では病気とは考えられていませんが、体が冷えるとつらいだけでなく、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、便秘など、さまざまな症状をともなうことが多いので、予防や改善が大切です。

冷えの原因として考えられるのが、自律神経の乱れです。自律神経には、暑いときには血管を拡張させて熱を逃がし、寒いときには血管を収縮して熟が逃げるのを防いで、体温を調節する機能があります。

ところが、不規則な生活や過剰なストレスなどで自律神経の働きが乱れると、常に血管を締めて、血液の流れを悪くしてしまいます。

自律神経は、ホルモンとも密接に関係しあっているので、ストレスや更年期などで女性ホルモンの分泌がアンバランスになると、冷えを感じることがあります。

月経が乱れたり、更年期でほてりやめまいなどの不快な症状があるようなら、病院で検査を受けましょう。

また、甲状腺機能低下症や糖尿病などの病気があると、症状のひとつとして、体が冷えることがあります。

甲状腺機能低下症の場合は、冷えのほかに、むくみやだるさなどの症状があります。糖尿病は、
手足の血流が悪くなって、しびれを感じるようになり、やがて無感覚になっていきます。

こうした症状が出るころには病状がかなり進んでいるので、検診を欠かさないようにします。

そのほか、極端なダイエットをしている、きつい下着で体を締めつけているといったことも、冷えの原因になることがあります。

体を温める食品をとり、ライフスタイルも見直そう

冷えを改善するには、まず血管を拡張させることです。そのためには、しょうが、赤唐辛子、赤ワイン、チョコレートなどの食品がおすすめです。

しょうがは有効成分のジンゲロール、赤唐辛子はカプサイシンが体内で血管を広げる働きをするため、血流がよくなって体が温まります。

しょうがは、しょうが湯やしょうが茶でとるのもいい。血行がよくなり、体がホカホカ温まる。

赤ワインはポリフェノールの一種のレスベラトロールが体内の熱産生に関わっています。チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールも体を活性化します。

また、食後の熱産生を高めるためには、肝臓を丈夫にし、筋肉を増やす必要があります。

そのためには、良質のたんぱく質のほか、肝臓の酵素として働くビタミンとミネラルをバランスよくとりましょう。

とくに、羊肉に含まれるLカルニチンは、体内でミトコンドリアを活性化させて代謝をよくし、体を温めます。大豆や玉ねぎのケルセチンも同様に働きます。

そのほか、体を温めるためには、ライフスタイルの改善も必要です。女性は筋肉が少ないために、熱産生が低いので、運動を習慣にして、筋肉量を増やしましよう。

また、夏でもシャワーだけでなく、ぬるめのお湯にゆっくりつかり、体を芯から温めます。その際に、乾燥させたよもぎ葉やリンデンを入浴剤として利用すると、さらに体を温める効果が高まります。リンデンは市販の入浴剤もあるので活用するといいでしょう。

また、女性の場合はとくに、必要以上に薄着をしたり、きつい下着で体を締めつけることをやめましょう。夏の冷房では冷え対策として、膝かけやレッグウォーマーなどで下半身を守ることが大事です。