亜鉛は細胞や組織の代謝に欠かせない酵素200種余の必須成分で、細胞が正常に働くために働く成分です。

亜鉛は欠乏すると味覚障害が表れることでよく知られています。亜鉛はDNAやたんぱく質の合成に関わるなど重要な役割を担って、発育を促進し、皮膚の新陳代謝を促し、傷の回復を早めます。

また、亜鉛は免疫機能に関わり、感染症を予防する、ホルモンの活性などにも働きます。外食に偏った食生活や極端なダイエットをしている人は亜鉛不足がみられるといいます。

また、最近では亜鉛が学習能力の向上、水銀や鉛の有害金属の毒性を弱めて環境汚染から体を守る、抜け毛を防ぐ効用などで注目されています。

亜鉛不足状態が続くと味覚障害、成長障害、抜け毛、カゼをひきやすくなるなどの症状がでます。

亜鉛を多く含む食べ物

  • かき(牡蠣)
  • 帆立貝
  • うなぎの蒲焼き
  • 青魚
  • 肉類
  • レバー類
  • 種実類

亜鉛の1日当りの推奨量(成人)

男性:12mg
女性:10mg