• 脳の活性化
  • 血行促進
  • 肥満予防

香りが脳を活性化。集中力がアップ

ローズマリーは独特の香りとスパイシーな味わいがあるハーブで、その香りが脳に刺激をもたらして活性化するといわれています。

お茶にすると強い芳香が生まれ、血液循環がよくなって、頭をスッキリさせ、集中力や記憶力がアップしやすくなります。

モーニングティーとして飲むほか、仕事や勉強の合間に飲むといいでしょう。

さらに、ローズマリーティーには、脂肪の分解を促進して肥満を予防する効果や、神経痛の頭痛をやわらげる効果があるといわれます。

アロマテラピーで使われる精油にも同様の効果があるので、アロマライトや入浴剤などで、香りを楽しむのもいいでしょう。

旬:通年 エネルギー量:(浸出液)100gあたり2kcal