• 香りと苦みの成分が不眠を改善
  • 免疫力アップにも有効
  • 不眠改善
  • 免疫力アップ
  • 高血圧.高血糖の予防

精神安定、導眼に玉レタスや葉レタスを

サラダ野菜として欠かすことのできないレタスはキク科の植物で、特有の香りとほのかな苦みをもっています。また、茎の部分を切ると乳白色の汁が出てくるのも、キク科植物の特徴のひとつ。

その汁にラクッコピコリンという成分が含まれており、これは植物が発する香り成分テルペンの一種で、精神を安定させ、眠りを誘う作用があります。

また、カロテノイド、フラボノイド、クロロゲン酸といったポリフェノールが含まれているため、免疫力アップ、血糖値の安定といった効果も期待できます。カリウムも豊富なので、血圧を安定させ、高血圧を予防する効果もあります。

近年は、おなじみの玉レタスのほかに、サニーレタスやプリーツレタス、ロメインレタスなど、結球しない葉レタスがいろいろ出まわっています。葉レタスのほうが、β-カロテンをはじめ、ビタミンC、E、カリウム、カルシウムなどの栄養分が多いので、日々の食事に取り入れるといいでしょう。

レタスというと、サラダやつけ合わせに使うことが多いですが、レタスチャーハンやレタスソテー、レタススープなど、サッと加熱して食べるのもおすすめです。おいしいうえに量を食べられるので、栄養分をたっぷりとることができます。

レタスチャーハンに、仕上げにちぎって加えると、食感がよく、おいしい

旬:夏 エネルギー量:lOOgあたり12kcal