レシチンにはボケなどの予防効果が注目される

レシチンは細胞膜などの生体膜や脳・神経組織の構成に欠かせない重要な成分です。

レシチンは脂質の一種で卵黄・大豆・納豆二足腐・酵母などに多く含まれています。レシチンには乳化性があるのが特徴で、肝臓に脂肪がたまらないように働くほか、血液中のコレステロールを肝臓まで運び、コレステロールの血管への付着を防ぎます。

また、レシチンから記憶に関係するアセチルコリンがつくられることから、ボケやアルツハイマーの予防になるのではと注目されています。