• 食生活の改善で危険因子は減る!
  • ”特効”が成分を活用してメタポ脱出

ほうっておくと、心筋梗塞や脳卒中の危険も

メタボリック・シンドロームは、内臓脂肪から分泌される生理活性物質のバランスが乱れることで、糖代謝、脂質代謝、血圧調整に異常が起こり、その相乗作用で動脈硬化が進行する病気です。

2005年に日本人向けの診断基準が策定され、内臓脂肪の蓄積を診断ベースとし、高血糖、脂質異常、高血圧の各程度が診断項目になっています。

【メタボリック・シンドロームの診断基準】

●内臓脂肪の蓄積(腹囲)
男性→85cm以上
女性→90cm以上
(内臓脂肪面積100cm以上に相当)

おへその高さの腹囲をはかります。胴の細いと
ころではなく、おへその周囲を測定します。

●脂質異常
中性脂肪→150mg/dl以上またはHDLコレステロール→40mg/dl未満

●高血圧
最大血圧(収縮期)→130mmHg以上または
最小血圧(拡張期)→ 85mmHg以上

●高血糖(糖尿病)
空腹時血糖値→110mg/dl以上

肥満+その他2項目以上あてはまるとメタボリック・シンドローム

内臓脂肪から分泌する生理活性物質は「アディポサイトカイン」と総称され、健康を阻害する〝悪玉″と健康を守る〝善玉″に分かれます。

〝悪玉″にはTNF-α、アンジオテンシノーゲンなどがあり、過食、糖代謝障害、血圧上昇を促すよう作用します。

一方、〝善玉″として現在確認されているのはアディポネクチンのみで、糖代謝の促進、血圧上昇抑制、動脈硬化の予防に働きます。

内臓脂肪がつきすぎると、アディポネクチンの分泌量が減ってくるため、糖代謝異常、高血圧などが引き起こされ、症状が軽度であっても、複合的に生活習慣病が合併していき、自覚症状があまりないまま、動脈硬化が進行します。

メタボ改善のための最新注目成分も活用しよう

メタボリック・シンドロームの予防・改善には、内臓脂肪をとって肥満を解消するのがいちばんです。

肥満の解消には、食事からとる摂取エネルギーを減らす、栄養バランスをとる、軽めの運動の習慣化で消費エネルギーを増やす、ことが欠かせません。

内臓脂肪の細胞は代謝が活発なため、減らしやすいのが特徴です。実行した成果が比較的早く現れるので、がんばりがいがあります。

やせるとアディポネクチンの分泌が活性化され、その効果で、高血糖、脂質異常、高血圧も改善に向かいます。体や顔がひきしまり、若々しくなるのもメリットです。

最新の栄養学と肥満研究で、メタボリック・シンドロームの予防・改善に効く成分の発見も進んでいます。

最も注目されるのは、アデイポネクチンと同様の働きをするオスモチンという成分で、じゃがいもの皮の近くに多く含まれます。

脂質代謝を円滑にするベタインも、肥満解消に効果が期待でき、えび、いかなどに多いです。また、ポリフェノールの一種であるケンフェロールには、脂肪燃焼の促進と抗酸化作用の両方の効果があります。

この成分は玉ねぎ、キャベツ、長ねぎ、にらなどに多く含まれます。

加えて、羊肉に多いLカルニチンにも、脂肪燃焼を促進する効果があります。摂取エネルギーの範囲内で、これらの食品を活用するといいでしょう。