ビタミンKとは血液凝固に関与することで知られるビタミンです。つまりビタミンKが欠乏すると血が止まりにくくなります。

皮下出血や筋肉内出血が、ビタミンCの作用だけでは解決できない場合があります。

それは出血の原因が血液凝固の遅れによるもので、トロンビンという物質に関係があります。トロンビンは血液凝固の際に作用するもので、ビタミンKにより血中のプロトロンビンが正常に働き、出血したさいにも血液凝固作用が働き止血されます。

プロトロンビンとはトロンビンの元の形で、プロトロンビンにビタミンKが作用し、トロンビンとして血液凝固を可能にする働きがあります。

またビタミンKには、酸化環元の中間電子伝達体としての作用があると考えられています。

ビタミンKの欠乏症

ビタミンKは多くの植物に含まれているため、欠乏症は起こりにくいといわれています。

また腸内の細菌がビタミンKを合成するので、自然発生的にはビタミンK欠乏は少ないものです。しかし、胆道の閉鎖や胃腸障害などにより、腸管からのビタミンKの吸収が妨げられます。

また抗生物質やサルファ剤の投与は、腸内細菌を殺し腸内菌によるビタミンKの合成が阻止されます。これらの障害が起きたとき、種々の出血性疾患・血尿・血便・吐血・月経過多などが生じます。

なお新生児でビタミンK欠乏による出血症に、新メレナというものがあります。そのため、出生時にビタミンKを摂取させることがよくあります。