ビタミンB6は、皮膚炎を予防することから発見された水溶性のビタミンで、ピリドキシンともいいます。

ビタミンB6はタンパク質代謝の主役で、タンパク質の摂取量が多いほど必要量も増します。欧米並みの肉を食べる人が多くなって、注目されはじめたビタミンです。

タンパク質とビタミンB6

私たちの体をつくるタンパク質は、食事でとったタンパク質がそのまま利用されるわけではありません。いったんアミノ酸に分解されてから、人のからだに必要なタンパク質に再合成されます。

足りないアミノ酸があれば、ほかのアミノ酸でつくりかえられます。このとき不可欠なのがビタミンB6です。

健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を促進します。また、脂質の代謝や赤血球のヘモグロビンの合成にもはたらいています。ビタミンB6が不足すると皮膚炎や脂性の肌、口内炎、貧血、脂肪肝になります。

ビタミンB6の効果・効能

ビタミンB6の主な効能・効果は次のようなものです。

  • タンパク質・脂質代謝。
  • 神経伝達物質の合成。
  • 抗体、赤血球づくり。
  • インスリンの合成。

ビタミンB6は、免疫機能を正常に維持するうえで必須の栄養素です。ビタミンB6が不足するとアレルギー症状が出やすいといわれます。アレルギーは治りにくいものですが、ビタミンB6をとることでアレルギー症状が軽くなる人もいます。

このほかビタミンB6は、刺激の抑制にはたらく神経伝達物質の合成にもかかわっています。就寝時に足がつる人は、ビタミンB6不足かもしれません。乳幼児では欠乏すると、けいれんがおこります。

ビタミンB6の欠乏症

ビタミンB6は腸内細菌によって合成されることもあり、一般には欠乏症はおこりにくいといわれます。しかし、抗生物質を長期間服用している人は、腸内細菌の育成が妨げられ、欠乏症がおこることがあります。

また、妊娠中はホルモンの関係で需要が増し、欠乏しやすくなります。避妊薬のピル常用者も同様です。ビタミンB2不足でもビタミンB6の利用が妨げられます。とりだめはできないので、毎日、補給しましょう。

ビタミンB6の過剰症

ビタミンB6の過剰症は心配ありません。しかし1日200~500mgの大量摂取では、神経系の障害が出る可能性はあります。