ビタミンB12とは貧血を予防する因子として生成され、主として肝臓に貯えられているビタミンです。

この場合の貧血は鉄分の不足で起きるものとは違い悪性貧血と呼ばれるもので、ビタミンB12が腸管から吸収されるためには胃壁から分泌される胃酸中の内因子が必要であり、この内因子が何らかの原因により欠乏すると、造血に関与しているビタミンB12の吸収が阻まれ、悪性貧血をまねくことになります。

貧血の治療として、ビタミンB12の発見以後は、ビタミンB12の投与が行なわれるようになりました。

しかし、ビタミンB12についての詳細な作用は、まだ解明されていない部分が多くあります。

ビタミンB12の効能・効果

ビタミンB12は葉酸とともに赤血球を作り出すことで悪性貧血を予防する効果・効能があります。また、このほかビタミンB12は神経系に作用し、中枢神経や末梢神経系の機能にも大きく関与しています。

ビタミンB12の効能に関してはこちらのサイトも参照ください。[健康マトリックス:ビタミンB12]

ビタミンB12の欠乏症

ビタミンB12の主な欠乏症としては前記した悪性貧血で、これは胃の切除・小腸下端の病気の場合、手術後の癒着や除去によるビタミンB12の吸収障害により生じるものです。

悪性貧血の症状としては貧血の一般症状のほか、舌炎・胃腸障害・下肢の知覚障害・頭痛などを伴います。

また神経系に作用することから、各種の神経炎・神経痛・筋肉痛・中枢神経障害もみられます。