にんにくはスーパーな食べ物

  • デザイナーフーズの頂点に君臨
  • ガン予防と疲労回復に効果大

1990年代にアメリカで「デザイナーフーズ・ピラミッド」が発表されました。これは、米国立ガン研究所が中心となって、ガン予防に効果のある食品をまとめたもので、そのピラミッドの頂点に立った食品が、にんにくでした。

にんにくの効能・効果

にんにくにはイオウ化合物が多く含まれていますが、この強い抗酸化作用が、強力に抗ガン効果を発揮するのです。加えて、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化から起こる心筋梗塞や脳卒中を予防する働きもあります。

にんにくに含まれる成分

にんにくの特筆すべき成分は、あの独特のにおいのもとであるアリシンです。アリシンには脂質代謝を促す働きがあるため、血液中の余分な中性脂肪やコレステロールを排出し、血液をサラサラにします。よって、内臓脂肪、高血圧、高血糖、脂質異常といったメタポリック・シンドロームの危険因子を予防・改善します。

アリチアミンという成分に変化

また、アリシンがビタミンB1と結びつくと、アリチアミンという成分に変化し、ビタミンB1の吸収力を高めます。ビタミンB1には疲労回復効果や糖質の代謝を高めて肥満を予防する働きがあります。

料理の味のポイント

にんにくは、料理の味のポイントとして、少量をこまめにとりましょう。一度にたくさんとらず、生であれば1日1片、酢漬けやしょうゆ漬けなら2~3片を目安にします。

少量をこまめにとりましょう

にんにくは、料理の味のポイントとして、少量をこまめにとりましょう。一度にたくさんとらず、生であれば1日1片、酢漬けやしょうゆ漬けなら2~3片を目安にします。

エネルギー量 134cal/100gであれば1日1片、酢漬けやしょうゆ漬けなら2~3片を目安にします。エネルギー量 134cal/100gであれば1日1片、酢漬けやしょうゆ漬けなら2~3片を目安にします。エネルギー量 134cal/100gであれば1日1片、酢漬けやしょうゆ漬けなら2~3片を目安にします。

エネルギー量 134cal/100g

※にんにくの効能や効果をもっと詳しく知りたい方はこちらのサイトが参考になります。

※にんにくは適量であれば効果的な食品ですが、食べ過ぎると逆に腹痛や便秘、下痢の原因になるので適量を守ることが大切です。