• 鎮静効果のある成分でリラックス。ためすぎない生活が健康を守る。

過剰なストレスが心の病気やメタボの要因に

ストレスとは、ストレッサー(刺激的要因)によって引き起こされる心身の生体防御反応のことで、一般的にはストレッサーとストレスを分けずに、「ストレス」と呼んでいます。

現代は「ストレス社会」とも呼ばれるように、日常生活のなかで受けるストレスが過剰なため、多くの人がストレスを抱えて生きています。

しかし、ストレスがすべて悪いわけではなく、やりがいのある仕事や趣味で発生する適度なストレスは、いい刺激となります。

ところが、仕事上の過度のプレッシャーや人間関係、経済的な問題、将来への不安などの精神的ストレスや、過労や病気といった生理的なストレスが過剰になると、心身は疲労状態におちいってしまいます。

最近多いのはコンピュータを操作することによって引き起こされるテクノストレスで、精神的疲労のほか、眼精疲労、頭痛、食欲不振といった身体的な疲労症状も起こります。

人はストレスを感じると、その信号が脳から副腎皮質や甲状腺に伝えられ、コルチゾールなどのホルモンを出して防御します。一方で、ストレスの信号は、脳の視床下部から自律神経に伝えられます。

ところが、過剰なストレス状態が続くと、これらの機能に異常が起こり、免疫機能の低下、高血糖、自律神経失調症などの不調が現れます。

そして、血液循環が悪くなると、脳の神経伝達系にも異常が現れ、うつ状態になったり、過剰な興奮や落ち込みを繰り返す、そううつ状態に移行します。

加えて、ストレスを解消するために食べすぎ・飲みすぎに走る傾向があり、やがては、肥満やメタポリック・シンドロームなどを招くことになります。

【ストレスと病気の関係】

◆脳の視床下部からホルモンの分泌指令が出る

◆副腎髄質からカテコールアミンが分泌
◆副腎皮質からコルチゾールが分泌

◎免疫力が低下
◎血圧が上がる
◎血糖値が上がる
◎血流が悪化し、血液中に活性酸素が発生。酸化LDLが増える

チョコレートや紅茶、ウーロン茶で気分を鎮める

健康を保つためには、好ましいストレスが適度にあり、悪いストレスが少ないというのが理想ですが、社会生活を営む以上、なかなかうまくはいきません。

そこで、悪いストレスへの予防として、ストレスを受けても過剰な反応をしないよう、精神を鎮めさせる食品をとるのが効果的です。

チョコレートにはポリフェノールのテオブロミンが含まれており、血液循環をよくして、脳の神経伝達物質の機能を活性化し、神経の興奮を抑えます。

ウーロン茶にもテオブロミンが含まれています。また、紅菜の香り成分であるテアニンにも鎮静効果があります。

ストレスを受けたときは、紅茶やウーロン茶を飲んで一服したり、純度の高いチョコレートを食べたりすると効果的です。

そのほかには、はちみつ、玉ねぎ、クコの実、ブルーベリーなどもおすすめです。

はちみつにはブドウ糖が含まれているため、摂取するとすばやく脳のエネルギー源となって働き、脳の疲労を回復します。

玉ねぎやクコの実には強力な抗酸化力があり、ストレス過剰な状態から引き起こされる肥満やメタポリック・シンドローム、免疫力の低下といった状態を予防・改善します。

ブルーベリーのアントシアニンは眼精疲労の予防・改善に効果があるため、テクノストレスなどに有効です。

こうした食べ物による予防のほか、ストレスを受けたら、ためこんでしまわないよう、過食や飲酒以外の方法で、小出しに発散する習慣をつけることも大事です。

笑う、泣く、休む、散歩をする、音楽を聴く、趣味に没頭する、旅に出るなど、いろいろな気分転換を心がけましょう。