スイカ(西瓜)の概要

スイカはウリ科の植物で、きゅうり、メロン、かぼちゃなどの仲間です。西から来た瓜ということから「西瓜」の字があてられました。

スイカの原産地はアフリカ中部の砂漠地帯といわれています。中国を経て、日本に渡来したのは14世紀、16世紀と諸説があります。

スイカ(西瓜)の栄養成分と効能・効果

英語ではスイカのことをウォーターメロンというように、成分的には90%以上が水分で、あとの10%近くが糖分です。果汁には、利尿作用のあるカリウムやシトルリンが含まれています。

昔から「スイカを食べたらトイレの前で眠れ」という諺まであるほどです。スイカの強い利尿作用を様々な病気に用いてきました。むくみを改善するほか、尿と一緒に余分な塩分を排泄することから高血圧や動脈硬化に効果的と言えます。また、膀胱炎・腎炎にも有効です。利尿作用はスイカの果肉より皮のほうが強いといわれています。

旬:夏 エネルギー量:100gあたり37kcal

スイカ(西瓜)に期待される効能

  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 膀胱炎
  • 腎臓病
  • むくみ
  • 二日酔い

スイカ(西瓜)の主な栄養素(100g中含有量)

  • レチノール当量 140g
  • ビタミンC 10mg
  • ビタミンB6 0.07mg
  • パントテン酸 0.22mg
  • カリウム 120mg

※カロリー 100gあたり37kcal

スイカ(西瓜)の調理のポイント

スイカは冷やして食べると食感がよくなるだけでなく、甘味もまします。なぜならスイカの甘味は果糖で、冷やすと甘くなる性質だからです。

スイカ(西瓜)の選び方と保存

スイカは丸みを帯び、縞ははっきりとし、触ると多少、ざらざらしているものが美味です。スイカをカットしたものなら、果肉の色が鮮やかで、種が黒々としているものを選びます。