• 毎日の食事に気を配るだけで悪玉コレステロールを減らせる

LDLコレステロールが増えすぎると危険

コレステロールはとかく悪者と思われがちですが、人の体に欠かせない成分のひとつです。

脂質の一種であるコレステロールは、細胞膜、ホルモン、胆汁酸の材料となり、体を保護・調整しています。

そのため、コレステロールが不足すると、免疫力が低下し、病気を発症しやすくなります。

よって、コレステロール自体は悪者ではなく、それが体内で過剰になり、血液中に増えすぎることが問題なのです。

コレステロールには、「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールと「善玉」と呼ばれるHDLコレステロールがあり、それぞれ働きが異なります。

LDLコレステロールは肝臓から全身の各組織にコレステロールを届ける「配達係」ですが、血液中に増えすぎると動脈の血管壁にコレステロールを押し込み、動脈硬化を進めます。

一方、HDLコレステロールは血管壁に押し込まれたコレステロールを引き抜き、再び肝臓に戻す「回収係」として働き、動脈硬化の進行を抑えます。

そのため、LDLコレステロールは多すぎないほうがよく、HDLコレステロールは一定以上あるほうが健康を守りやすくなります。

各コレステロール値は血液検査で測定でき、LDLコレステロール値が140mg/dl以上だと高LDLコレステロール血症、HDLコレステロール値が40mg/dl未満だと低HDLコレステロール血症と診断されます(総称は脂質異骨症)。

ともに自覚症状はありませんが、ほうっておくと血管壁にLDLコレステロールが入り込み、それが活性酸素によって酸化LDLとなり、血管を肥厚させて動脈硬化を進めます。

これがさらに進行すると、血管壁が破裂して血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞など大きな病気のリスクを高めます。

特効薬の御三家は大豆製品、青背魚、しいたけ

LDLコレステロールが増えるおもな原因は、過食、運動不足、ストレスなどです。よって、これらをケアすると、LDLコレステロール値も下がってきます。

過食には、コレステロールの多い食品の食べすぎのほか、コレステロール以外の脂質や糖質(炭水化物)のとりすぎ、お酒の飲みすぎも含まれるので気をつけてください。

これは、脂質や糖質が分解された物質から、肝臓などでコレステロールが合成されるためです。

LDLコレステロールを減らす効果が実証されている食品も多いので、おおいに活用しましょう。

代表的なものは、大豆・大豆製品、青背魚、しいたけ、オリーブ油。大豆・大豆製品は、大豆たんばく、大豆イソフラボン、植物ステロールの効果で、LDLコレステロールを減らします。

青背魚は良質の脂質であるEPA、DHAがLDLコレステロールを減らし、血栓も予防します。

しいたけは特有の成分であるエリタデニンが、オリーブ油はオレイン酸が、LDLコレステロールを減らします。

ほかに、水溶性食物繊維が多い海藻、こんにゃく、りんご(皮に多い)も、コレステロールの吸収を抑えます。

加えて、LDLコレステロールの酸化を防ぐ抗酸化力が強い食品も十分とりましょう。

赤や緑の色の濃い野菜に、βカロテンやリコピンなどの抗酸化成分が多いです。赤ワインにも多めですが、こちらはアルコールなので、適量を(1日250ml前後まで)。

なお、閉経期の女性は、エストロゲンという女性ホルモンの減少によって、LDLコレステロール値が高くなりやすいので、いっそうのケアが大事です。

コレステロールが多い食品

するめいか(焼き)
うなぎ(かば焼き)
たらこ(生)
うに
しぼえび
たこ(まだこ)
イクラ
鶏肝臓(レバー)
砂肝(鶏)
鶏卵(全卵1個)