カロテノイドは植物に含まれる色素です。植物中に存在するカロテノイドは500種類以上もあり、そのうち約50種類が食用の野菜や果物に含まれます。

カロテノイドは強力な抗酸化作用で発がんの抑制で注目されている成分でもあります。

カロテノイドの効能・効果

植物は日光を浴びて成長しますが、日光はエネルギー源になる一方で、活性酸素などの毒物を形成させます。

活性酸素は遺伝子に異常をきたしますから、植物は身を守るためのメカニズムを必要とし、それがカロテノイドです。

カロテノイドは紫外線を遮断するフィルターとしてはたらきます。また、植物細胞の中で活性酸素を消去します。活性酸素によるダメージが多大な私たちの体内でも、カロテノイドは同じ抗酸化作用を発揮すると考えられています。

その他、カロテノイドには日や皮膚、内臓などの細胞組織を活性酸素のダメージから守る効果も期待されています。

多種類のカロテノイド摂取による抗がん作用への期待

以前は、カロテノイドは体内でビタミンAに変換されて初めて効果を発揮すると考えられていたため、β-カロテンを中心に研究が行なわれていました。

研究過程で、β-カロテン自体の抗がん作用が発見されたことから、ほかのカロテノイドについての研究がなされ、それまで無名だったカロテノイドにも抗がん作用があること、さらに、その多くがβ-カロテンよりも高い効果を示すことがわかってきました。

一方、β-カロテンの本格的な「人のがんを防ぐ効果」を確かめる研究が世界中で進められた結果、「喫煙者、非喫煙者ともに、β-カロテンを栄養補助食品として摂取することによる利点を示唆する証拠は存在しない」(米国立がん研究所)などの報告もあり、β-カロテンだけでは万全ではないことが判明しました。

現在は、自然の食品からカロテノイド類をバランスよく摂取することが、がん予防には大切であると考えられはじめています。