• 動脈効果予防
  • 血管・細胞膜強化

良質の脂肪酸が血液をきれいに!

オリーブ油の主要成分は、一価不飽和脂肪酸のひとつであるオレイン酸で、70%を占めています。

このオレイン酸には悪玉のLDLコレステロールを減らし、善玉のHDLコレステロールを増やす働きがあるため、血液をきれいにして動脈硬化を防ぎます。

また、ポリフェノールのオレウロペインの抗酸化作用が、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、さ
らに動脈硬化予防をサポートします。

油脂はとり過ぎると肥満につながるので注意が必要ですが、減らしすぎるとエネルギーが不足して疲れやすくなり、血管や細胞膜が弱くなってしまいます。

健康のためには、良質の油を適量とることが必要です。フライや天ぷらなど、大量に油を使う料理は避け、妙め物やサラダなどに適量使いましょう。

また、魚や野菜と組み合わせると、体にいい一価不飽和脂肪酸や抗酸化成分が豊富な食事になります。

旬:通年 エネルギー量:1OOgあたり921kcal