オリゴ糖はビフィズス菌を増殖させる

オリゴ糖など単糖の仲間には、蕉糖のように容易に吸収されてエネルギー化するものと、オリゴ糖のグループのように人間の消化液では消化されないものとがあります。

オリゴ糖は消化されず大腸までとどき、ビフィズス菌の栄養となって増殖させ健康維持に役立ちます。

ビフィズス菌を増殖させることで悪玉菌を減らし便秘などに効果的です。また同様に免疫機能を向上させる働きもあります。

オリゴ糖ははちみつ・味噌・大豆・とうもろこし・ごぼう・玉ねぎなどに多く含まれています。なお、オリゴ糖を配合した甘味料は低カロリーです。