• メタボ予防・改善
  • ストレス軽減

ポリフェノールが中性脂肪を分解

中国茶にはいろいろな種類がありますが、ウーロン茶はそのひとつで、半発酵させたお茶です。

発酵の過程でポリフェノールが飛躍的に増加し、ウーロン茶ポリフェノールが生まれるのが特徴です。

この成分は、脂肪の分解を促進して血中脂質が過剰になるのを防いだり、糖の吸収を抑えて食後血糖値の急上昇を抑えるよう働きます。

さらに、カフェインが脂肪の分解を促進し、その相互作用でメタポリック・シンドロームを予防・改善します。

ウーロン茶の香り成分テアニンには、リラックス感を高め、ストレスを軽減する効果もあります。茶葉からいれて飲むと、この効果がより高まります。

旬:通年 エネルギー量:(浸出液)1OOgあたり0kcal