• 銀杏で夏の疲れを解消
  • イチョウ葉には認知症予防効果が
  • 疲労回復
  • 認知症・うつ病の予防
  • 血行促進
  • 免疫力アップ

イチョウ葉はお茶で有効成分がとれる!

イチョウは歴史的に非常に古い植物で、2億年以上前には生育していたといわれています。そのイチョウの実が銀杏で、秋に収穫できます。

漢方では古くから薬効が知られており、せき止めやぜんそくの薬として用いられてきました。

栄養学的に見ると、黄色の色素にβカロテンが多く、カテキン、ビタミンB1、カリウムなども含まれています。βカロテンやカテキンの抗酸化作用は、紫外線を浴びることによってできた活性酸素を除去して、肌をきれいに保ち、夏の疲れをリフレッシュしてくれます。

ただし、銀杏にはアルカロイドという毒成分が含まれているため、摂取量は大人でも1日10個以内にとどめます。生食は禁物で、必ず火を通します。

一方、イチョウの葉には、特有の成分のギンコライドが豊富に含まれており、認知症を予防することで知られています。

ギンコライドは、ファイトケミカルのジテルペンの仲間で、血小板の凝集を防いで血液循環をよくし、血栓を予防したり、血圧を下げたりします。また、中枢神経を活性化して、認知症やうつ病を予防・改善します。

葉にはポリフェノールのケンフェロールも多く、細胞内のミトコンドリアを活性化して、肥満を予防・改善し、免疫力をアップします。イチョウ葉のお茶で有効成分をとることができます。

焼き銀杏の作り方。殻に軽く割れ目を入れ、フライパンに入れてゆすりながら弱火で10分ほど煎り、塩少々をふる。皿に盛り、殻から出していただく

旬:秋 エネルギー量:(銀杏/殻なし)100gあたり187kcal