アロエの概要

アロエはユリ科に属する多肉の薬用植物です。その種類は300はとあるといわれますが、日本で最も親しまれているのは「キダチアロエ」です。

古くからアロエは”医者いらず”といわれ、切り傷ややけどのときに葉の中のゼリー状の部分が直接患部につくように貼りつけるなど、外用、内服の両方に民間療法で多岐に利用されています。

そのほか”薬”として用いられるアロエとしては、便秘薬の原科として主に南アフリカから輸入される「ケープアロエ」、欧米で人気の「アロエベラ」なども知られています。

アロエの効能・効果・栄養成分

アロエには独特の有効成分が数多く含まれており、規則的にとり続けると、自律神経が安定します。またアロエには胃腸の働きが活発になる、からだの免疫力が強化されるなどの効果が期待できます。

アロエは個々の成分にそれぞれ効果・効能を持っています。

苦み成分のアロイン、アロエエモジンは、胃液の分泌を催して胃腸の働きを活発にする作用、便秘を改善する作用が知られています。

アロエを切ったときのネバネバに含まれるアロエウルシンは、胃潰瘍や慢性胃炎の症状改善、外用すれば切り傷ややけどに有効とされます。

アロミチン、アロエチンは、抗がん作用があるとされます。アロエテンには、抗菌作用もあります。

そのはか、血糖値を下げるアロエボラン、乾燥肌に潤いを与えるムチン質、細胞を活性化して肌を生き生きとさせるアミノ酸や糖たんぱくなどが含まれています。

アロエの使い方・料理方法

アロエは市販の健康食品を利用するのが手軽ですが、生薬が入手できたときは、次のように利用してみましょう。分量はいずれも大人の適量で、予どもはその3分の1から半分が目安です。最初は少量で試し、様子をみてください。

【生葉をそのまま】
最も簡単な方法です。アロエの生葉15g程度をよく水洗いし、トゲを切り取って、そのままチューインガムのようにかみ、出てくる汁を飲み込みます。

アロエの副作用・危険性・注意点

アロエ(特にキダチアロエ)は効果が強い反面、人によっては重大な副作用を起こす恐れもありますので注意が必要です。

キダチアロエは妊娠時、授乳時、月経時は利用してはいけません。また12歳以下の幼児・子供も利用できません。

また腸閉塞など腸に疾患を持つ人も利用してはいけません。健常者でも8~10日間を超える期間の使用はできません。