• 青背魚やしそ油がつらい症状を緩和。転地療養も効果が高い

免疫機能が異常になった状態で、ストレスなども関与

アレルギーといえば、今や日本人の5人に1人にみられるといわれる花粉症をはじめ、子どもに多いアトピー性皮膚炎、卵や牛乳などに反応する食物アレルギーなど、いろいろなアレルギーがあり、花粉症のように増加しているものもあります。

アレルギーは、体の免疫機能が異常になる病気です。人の体は、外から侵入してきた異物に対し、生体防御のために抗体を作ります。そして異物が再度、侵入してくると、抗体とくっついて抗原抗体結合物を作り、ヒスタミンなどの化学伝達物質を放出して異物を排除しようとします。

そのときに、化学伝達物質が神経や血管を刺激して、気管支ではせきやくしゃみ、呼吸困難、目では充血や涙、鼻では鼻水や鼻づまり、皮膚ではじんましんやかゆみといった症状を引き起こします。

そうした免疫機能が、病原菌を追い出すといった正常な働きをすれば問題ありません。

ところが、花粉や食物など、毒性がなかったり弱かったりするものまで異物(アレルゲン) とみなして、過剰に反応してしまう状態をアレルギーといいます。

同じ異物が侵入してきても、発症する人としない人がいますが、その原因はわかっていません。

アレルギー体質といった遺伝的要素、過剰なストレス、空気汚染などの環境、栄養の偏りなども誘発原因のひとつであるといわれています。

アレルギーが起こる仕組み[花粉症の例]

アレルゲンが体内に入ると、免疫細胞のひとつであるリンパ球が反応し、異物を排除するために抗体を作る。再び同じアレルゲンが入ってくると抗体が反応し、肥満細胞(免疫機能を構成する細胞群のひとつ)からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、目のかゆみや充血、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー症状が出る。

野菜や果物のカロテノイドで活性酸素を除去

アレルギーの種類によってさまざまな症状がありますが、それらの不快な症状をやわらげるには、DHA・EPAやαリノレン酸といった脂肪酸をとるのが効果的です。

DHA・EPAは、さば、あじ、いわし、さんまといった青背魚に多く含まれており、とくにEPAから生成されるプロスタグランディンがアレルギー反応を抑えます。

αリノレン酸は、しそ油などに含まれており、とくに花粉症に対する効果が期待されています。

ただし、青背魚もしそ油もエネルギーが高いので、とりすぎに注意します。しそ油は酸化しやすい抽なので、加熱調理には用いず、サラダのドレッシングなどに利用しましょう。

また、アレルギーの炎症には体内の活性酸素が関わっているので、野菜や果物などから、さまざまなカロテノイドをとるのも有効です。

カロテノイドの抗酸化力で、活性酸素を除去できます。さらに、花粉症の症状の緩和には、バラやチョコレートなどに含まれるポリフェノールが有効ともいわれています。バラの成分はお茶やジャムなどでとれます。

食生活以外の対処法としては、アレルゲン(花粉症であれば花粉)をできるだけ体内に取り込まないことにつきます。また、空気汚染や過剰なストレスにさらされる環境を変えることも有効です。

本来は、転地療養できるのがいちばんですが、無理であれば、週末だけでも旅行するといいでしょう。つめ込み型の旅行ではなく、空気のいい温泉地などでのんびりする旅が向いています。