• 動脈硬化予防
  • 代謝促進
  • 便秘予防・改善

良質の脂肪が怖い動脈硬化を予防

アボカドは、フルーツのなかでは最も栄養価が高く、脂肪分が果肉の20%と多く、エネルギーも高い食品です。

脂肪分の80%がオレイン酸をはじめとする不飽和脂肪酸で、悪玉のLDLコレステロールを減らし、動脈硬化の予防に有効です。

また、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているのも特徴です。ビタミンEは細胞内のミトコンドリアに働きかけて代謝を活性化し、パントテン酸は糖や脂質の代謝に関わる補酵素の材料となり、ともに脂肪の合成を抑制し、肥満を予防します。

ミネラルでは、カリウムやマグネシウムが豊富で、血圧を安定させるよう働きます。さらに食物繊維も多く、便秘の予防・改善や動脈硬化予防にも効果を発揮します。

ただし、エネルギーが高い食品なので、1日にとる量は半個までにとどめましょう。

旬:秋~冬 エネルギー量:iOOgあたり187kcal