• 多様な食物繊維とミネラルが豊富
  • メタボの予防や改善に活用
  • メタポ予防・改善
  • 肥満予防・改善
  • 肝機能強化

海外でも人気が上昇中。飲酒習慣がある人にもおすすめ

近年、ヨーロッパ諸国で海藻の人気が急速に高まっています。以前は、ヨーロッパでは、海藻は食材と見られていませんでしたが、生活習慣病予防などの効果が知られるようになり、いまやヘルシーな食材として注目されています。

なかでも、わかめは使い勝手がよく、栄養価も高い人気の食材です。水溶性食物繊維のひとつアルギン酸が豊富に含まれており、腸での糖や脂肪の吸収を抑え、肥満、脂質異常、高血圧、高血糖を予防・改善し、メタポリック・シンドロームを防ぎます。

また、同じ水溶性食物繊維のフコイダンにもアルギン酸と同様の働きがあり、相乗効果が期待できます。

フコイダンには、肝機能を高める効果もあるので、お酒を飲む習慣のある人にもおすすめです。

さらに、色素成分のカロテノイドは、抗酸化作用を発揮します。ミネラルではマグネシウムやヨウ素が多く、代謝を促進させて肥満を防ぎます。

わかめは、海藻サラダや酢の物で生のままとるほか、みそ汁に入れたり、妙め煮にしたりするのもよく、加熱調理すると量がたっぷりとれます。

芽かぶは、わかめの茎の部分で、わかめと共通の成分が含まれています。酢じょうゆで和えるなど、手間のかからない調理で簡単にとれます。

わかめは長ねぎなどといっしょに炒め煮にすると、新鮮な味わい。量も十分とれる

旬:春 エネルギー量:100gあたり11kcal