• たんぱく質、コラーゲン、ビタミンCですっきり快適、見た目もかっこよく!

食事の改善で治る場合も多い。隠れている病気にも注意

顔や手足が腫れぼったくなるむくみは、皮下の水分が過剰になった状態です。

その原因のひとつは、肝臓、腎臓、心臓といった内臓機能の低下や栄養失調などのため、血液中のアルブミンが減少してしまうことにあります。アルブミンが減少すると、血液の浸透圧が低下するため、血管内の水分が外にもれてしまいます。

また、毛細血管の壁が弱いために、血管内の水分が外にもれることもあります。正常な血管壁には内皮細胞が石垣のようにきっちり並んでいますが、栄養不足などによって血管壁にすき間ができると、そこから水分がもれてしまいます。

こうしたむくみを改善するためには、良質のたんぱく質やコラーゲン、ビタミンCなどの成分を十分にとり、内臓の機能や血管壁を強化することが大事です。

ただし、むくみの原因が病気の場合もあります。肝臓に原因がある場合は肝炎や肝硬変、腎臓の場合は腎炎やネフローゼ症候群、心臓の場合は心不全などが考えられます。

女性に多いのは、甲状腺機能低下症です。これは、むくみのほかに、だるさや冷えなどの症状がありますが、検診や人間ドックの検査項目にはないので、見逃されやすい病気です。

病状が進むと、のどが腫れてくるのでわかります。食事に気をつけてもむくみが改善されない場合は、こうした病気を疑って検査を受けてみましょう。

なお、前の晩に水分をとりすぎて、翌朝、顔がむくむとか、立ちっぱなしでいたあとに、夕方ごろ足がむくむというのは正常な反応です。しばらくたって治るような、一時的なむくみであれば、まず心配はいりません。

内礪機能や血管壁を強化する良質のたんぱく質をとろう

むくみの予防・改善には、腎臓、肝臓、心臓といった内臓の機能や血管壁を強化することが必要です。

そのためには、内臓や血管壁の構成成分であるたんぱく質を、肉、魚介、卵、牛乳、大豆・大豆製品といったバラエティ豊かな食品から補給します。

肉はエネルギーが高いので、赤身の部位を選び、グリルなどの脂肪を落とす調理法でとりましょう。

また、体を構成するたんぱく質のうち、30~40%を占めるコラーゲンを補給することも大事です。コラーゲンは鶏手羽肉、豚足、豚バラ肉などに多く含まれています。鶏手羽肉や豚バラ肉は、脂肪にコラーゲンが含まれているので、よく煮て脂を落としたあとの脂肪組織を食べるようにします。

コラーゲンは体内に入ると、ビタミンCのサポートによって、たんぱく質に合成されるため、コラーゲンと同時にキウイ、レモン、みかん、いちごなどの果物や、大根、キャベツなどの野菜もとりましょう。

腎臓の機能が低下してむくんでいる場合は、塩分の摂取量を抑えます。食事をうす味にし、漬けものや佃煮をひかえ、めん類のつゆを飲むのをやめます。

高齢でむくむ人は、肉を食べないためにたんぱく質が不足していたり、栄養失調になっていたりする可能性があります。

野菜の煮物やみそ汁、漬けものなどで食事をすませていると、たんぱく質が不足するうえ、塩分の過剰摂取にもなるので気をつけましょう。

なお、健康な人でも、寝ている間は腎臓の働きが弱まるので、寝る前に水分をたくさんとると、翌朝はむくみやすいので注意してください。

塩分のとりすぎでのむくみも意外に多い。高血圧の予防・改善も兼ねて、毎日の食卓での塩分はひかえめに。