ほたて(帆立)は売っている状態に合わせた保存方法がある

殻つきほたて(帆立)は、そのまま塩水に入れ、ラップをして野菜室で保存します。2~3日は大丈夫です。

刺身用のほたて(帆立)は、パックから出し、ラップをしてパーシャル室で保存します。その日のうちに食べきりましょう。残ってしまったら、しょうゆに漬けるか、サッとゆでて冷蔵庫で保存しましょう。2~3日は大丈夫です。

冷凍してあるほたて(帆立)は、すぐにパックから出し、ラップで包んでから冷凍用パックに入れて冷凍庫で保存します。3週間は保存OKです。

ほたて(帆立)の冷凍保存方法

ほたて(帆立)は冷凍しても味落ちしないので、冷凍向きの食材です。下ゆでして火を通しても固くならず、おいしく食べられます。

殻つきのものは殻からはずし、ヒモの部分を切り離してよく洗います。貝柱とヒモの水気を十分に拭き取り、ラップで包んで冷凍用パックに入れて冷凍庫で保存します。1ヶ月間は保存OKです。

殻つきでないほたて(帆立)は、サッと下ゆでしてから、同様に冷凍します。

解凍するときは、冷蔵室内解凍が基本です。凍ったホタデをペーパータオルにはさんでおくとドリップ(栄養分やうま味を含んだ水分)が流れ出ず、おいしく解凍できます。

急いでいるときは、凍ったままの調理も可能です。

●ほたて(帆立)の保存方法はこちらにも詳細があります。
→ほたて(帆立)の保存方法(健康マトリックス)