• 固有成分エリタデ二ンは高コレステロールの特効薬!
  • 脂質異常症予防・改善
  • 便秘予防・改善
  • ガン予防
  • 骨粗しょう症予防・改善

ビタミンDが前立腺ガンや骨粗しょう病を予防

しいたけは低カロリーで食物繊維が多いため、ダイエットにぴったりの食品です。食物繊維のなかでもとくに、βグルカンという多糖類が多く含まれており、腸で糖や脂肪の吸収を抑えて肥満を予防し、便秘の予防や改善にも効果があります。

βグルカンの一種のレンチナンは、ヌルヌルとした多糖類で、LDLコレステロール値を低下させる働きがあり、脂質異常症や動脈硬化を防ぎます。また、ガン予防にも効果を発揮します。

さらに、ビタミンB群のひとつのナイアシンも多く含まれ、動脈硬化の進行を抑える働きをサポートします。

しいたけ固有の成分としては、エリタデ二ンがあります。これは、肝臓で脂質と結合したたんぱく質ができるのを抑え、コレステロールの排出や中性脂肪を分解して、LDLコレステロール値を低下させます。

そのほかに、ビタミンDやカリウムも豊富です。ビタミンDは、体内に入ったカルシウムが骨に沈着するのを助ける働きをしているため、きちんと摂取することで骨のカルシウム量が増え、骨粗しょう病を予防・改善します。

また、前立腺ガンの予防にも効果があることがわかっています。カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄して、血圧を下げる働きがあります。

しいたけには、こうしたすばらしい効果がたくさんありますが、食物繊維量が多いので、大量摂取は避けましょう。おなかをこわすこともあるため、1日の摂取量は生で50g以内が目安です。

調理の際は、水で洗うと溶け出してしまう水溶性成分があるので、水洗いしないで使います。汚れが気になるときは、かたく絞ったふきんやペーパータオルで軽くふいてから使います。

干ししいたけは保存に便利!栄養分も凝縮している

干ししいたけは、干すことによって水分が飛んでいるため、栄養が凝縮されています。天日干しのしいたけには、エルゴステリンという、体内に入るとビタミンDと同じ働きをする成分が多く含まれています。固有の成分であるエリタデニンも豊富です。

ただし、最近は電気で乾燥させたものが多いので、天気のいい目に外で天日干しをして、ビタミンDなどの成分を増やしましよう。

調理の際は、干ししいたけを水につけてもどすと、水溶性の成分が水に溶け出すので、もどし汁もいっしょに使います。また、栄養成分が抽出された「しいたけ茶」がおすすめです。

干ししいたけ1~2枚を刻んでカップに入れ、熱湯を注いでひと晩おき、翌朝に飲みます。かぜのときは、干ししいたけ5~6枚に300~500mlの水を加え、弱火で半量になるまで煎じてから飲むと、解熱効果があります。

旬:春・秋 エネルギー量(生)100gあたり18kcal