さば(鯖)はとにかく傷みが早いので酢じめで保存

さば(鯖)は〝生き腐れ″と言われるほどに、傷みやすい魚です。切り身にすると切り口からすぐに傷んでくるので、切り身での保存は避けた方がいいでしょう。

できればさば(鯖)は大量買いではなく、食べきれる量だけ買う方がよいです。

三枚おろしのさば(鯖)も、身についている骨を骨抜きか毛抜きで抜くことを忘れないようにしましょう。

傷みやすいさば(鯖)も、酢じめにすれば2~3日間保存できます。さば(鯖)を3枚におろして両面に塩をふった後で、酢水(同量の酢と水)で洗い流しましょう。

トレーにならべ、ひたひたになるまで酢を注ぎ、冷蔵庫の中で1時間ほどおきます。身が白っぽくなったら、出来上がりです。

さば(鯖)の冷凍保存方法

酢じめにしたさば(鯖)は冷凍可能です。皮つきのまま、ラップに包んでから冷凍用パックに入れて冷凍しましょう。こうすればさすがのサバも2~3週間は保存できます。

食べるときは解凍してそのまま食べても、表面を焼いて食べても美味しいです。

さらにオススメなのが、酒、しょうゆ、しょうが汁で下味をつけてからの冷凍です。ペーパータオルなどで軽く水気を拭いてから、重ならないように、冷凍用パックに入れて冷凍しましょう。やはり2~3週間もちます。

下味をつけたさば(鯖)の保存方法は凍ったままの状態で、油でカラリと揚げたり、焼いてもおいしく食べられます。もう一品欲しいな、というときにサッとできて、とっても重宝しますよ。

●さば(鯖)の保存方法はこちらにも詳細があります。
→さば(鯖)の保存方法(健康マトリックス)