• 鼻やのどの粘膜強化でウイルスに負けない体がつくれる!

体の免疫力を低下させる過労や栄養不足に注意

一般的には「かぜ」と呼ばれていますが、医学的には「かぜ症候群」といい、これは病名ではありません。

というのも、かぜの原因はいろいろあり、特定できないからです。たいがいはウイルスによるものですが、ウイルスといっても確認されているものだけで200種類以上あり、まだ解明されていないものもたくさんあります。また、細菌や化学物質などが原因のこともあります。

よって、かぜというのは、上気道が炎症を起こすことで発症する、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、せき、のどの痛み、疾、発熱、頭痛、寒気などのさまざまな症状のことを指しています。

それに対し、インフルエンザは、A型、B型など特定のウイルスによる感染症です。インフルエンザは非常に感染力が強いのが特徴で、体内に入ると血管を通って全身にまわり、高熱が出ます。

腸に入って増殖すると、下痢などの消化器症状を起こすこともあります。毎年、予防のためにワクチンが作られていますが、少しずつ変異しているので、予防注射だけで感染を抑えることはできません。

かぜもインフルエンザも、ウイルスが鼻やのどの粘膜について増殖することから発症します。

そのときに、健康体であれば粘膜から粘液を出してウイルスを排除できますが、過労や栄養不足で免疫力が低下していると、炎症を起こして鼻水やくしゃみなどが出て悪化していきます。

かぜは軽く見られがちですが、こじらせると肺炎を招くこともあるので注意が必要です。

かぜやインフルエンザの予防には、まず、鼻やのどの粘膜を良好にしておくこと、体の免疫力を強化しておくことが大事です。

栄養バランスをととのえ、卵白やヨーグルトを適量とろう

ウイルスが鼻やのどの粘膜についても、発病する人としない人がいるのは、免疫力の違いです。免疫力が強ければ、ウイルスがついても排除し、増殖を抑えることができます。

そのためには、良質のたんぱく質と、ビタミンやミネラルをバランスよくとることが大事です。

食事をぬいたり、栄養が偏った食生活を送っている人は、まず栄養バランスをととのえることから気を配りましょう。

鼻やのどの粘膜から分泌される粘液にはリゾチームやラクトフェリンが含まれているため、ウイルスなどを排除し、増殖を抑制することができます。

リゾチームはたんぱく質分解酵素で、卵白に含まれています。かぜをひきそうなときに「卵酒」を飲む民間療法がありますが、これは理にかなっていることです。

ラクトフェリンはたんぱく質の一種で、牛乳や∃1グルトに含まれています。トクホ(特定保健用食品)のヨーグルトも市販されているので、利用するのもいいでしょう。

また、しょうが、まいたけもおすすめです。しょうがには、抗酸化作用でかぜやインフルエンザを予防するショウガオールや、体を温めるジンゲロールが含まれています。

かぜの初期に、しょうが湯やしょうが茶をとると、回復を早めることができます。

まいたけには、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化し、免疫力を高めるグルカン類が豊富で、かぜやインフルエンザを予防します。

加えて、帰宅直後に、うがいと手洗いを行うことで、ウイルスを体内に入れないようにします。また、人ごみでは口呼吸ではなく、鼻呼眼を心がけることも大事です。

口で呼吸をしていると、ウイルスが体内に入りやすい。人ごみでは鼻で呼吸を。