エビ(海老)は背ワタを取って保存

エビが生臭くなる原因は、ズバリ背ワタです。殻ごとよく洗ったら、エビの背中にある背ワタを、竹串などを使って、スーツとすくうように取り除きます。

これをさぼると、料理が生臭かったり、口の中でジャリっとした感じになります。

新鮮なエビならそのまま水気を拭き取り、ラップして冷蔵庫で保存しましょう。鮮度が落ちているエビは、頭も取ってしまいます。2日は保存できます。

エビ(海老)の冷凍保存方法

店頭に並ぶエビのほとんどが、一度冷凍したものを解凍していますが、エビは冷凍に強い素材です。再冷凍しても味落ちしないのでまさにフリージング向きです。

まず、無頭エビの場合、殻ごとよく洗います。エビは意外と汚れているので、手を抜かないでください。

そして水気をきり、背ワタを取って一尾ずつ重ならないように平らに並べて、冷凍用パックに入れて冷凍保存します。保存期間は1ヶ月間です。

鮮度が心配なときは、背ワタと殻を取り除き、酒少々をふりかけ、水気を拭き取ってから冷凍用パックに入れ、空気を抜いて冷凍保存してください。

あるいは、少量のお湯に酒と塩を混ぜ、さっとボイルし、頭と殻を取って、冷めてから水気をきり、冷凍用パックに入れて冷凍しても保存が可能です。こうすれば2ヶ月間は大丈夫です。

有頭エビの場合、頭と身を別々に冷凍すれば、頭だけをから揚げやみそ汁のだしに使えて便利です。

冷凍エビフライで保存

エビフライの下ごしらえをしてから冷凍すれば、凍ったまま揚げることができるので、時間がないときにはとっても便利です。しかも、立派なごちそうになります。

エビは背ワタと頭、殻を取って、尾の先を切りそろえます。このとき、包丁の背で尾をしごき、たまっている水分を取り除いてください。そして、ペーパータオルなどで水気をよく拭き取ります。

エビに小麦粉、溶き卵、パン粉を順番につけて、冷凍用パックに入れて冷凍保存します。

1ヶ月間は保存できるので、お弁当のおかずや夕食のおかずにと、手軽に利用できます。

●エビ(海老)の保存方法はこちらにも詳細があります。
→エビ(海老)の保存方法(健康マトリックス)