いか(烏賊)は丸ごと買って保存

いか(烏賊)は皮をむいてある刺身用も売っていますが、やっぱり割高です。イカは魚に比べて下処理も簡単なので、丸ごと買った方がだんぜんおトクです。

イカはワタをつけておくと、どんどん傷んでしまいます。買ってきたら、まずワタを取り除いてください。そしてエンベラを足側に引っ張ってはがし、そのまま胴の皮をむきます。

●いか(烏賊)下処理方法

  1. 胴の内側に指を入れ、ワタと軟骨を取り出す。
  2. エンペラ(三角の耳)をはがし、そこから皮を引っ張ってはがす。
  3. スミ袋を足の方から丁寧にはずす。
  4. ワタと足を切り離す。
  5. 目は水の中でむしりとる。
  6. くちばしを取り除く。
  7. 足の吸盤を包丁でしごきとる。

水洗いしてからよく水気を拭き取り、ラップに包んで冷蔵庫で保存します。これで3日間ほどもちます。ただし、お刺身にするなら1日しか持ちません。

もし、皮がむきにくいときは、濡れぶきんでこするようにするとラクに取れますよ。

いか(烏賊)の冷凍保存方法

イカは冷凍しても味落ちがしない、フリージングにぴったりの素材です。安いときに大量に買って、保存しておきましょう。

イカの冷凍保存のポイントは、エンベラ、胴、足と部位ごとに分けて冷凍することです。そして短冊切り、輪切りなど用途別に切って冷凍すると、料理のときに使いやすいので、さらに便利です。

ワタを取る、皮をむく、水洗い、水気を拭き取るまでは、前述の保存方法と一緒です。そして、エンベラ、胴、足の部位ごとに分け、用途別に切り分けたら、なるべく平らにラップで包み、空気を抜いて冷凍用パックに入れて冷凍保存します。

足は、先端を切り落とし、包丁の背でしごくようにして、吸盤を取り除いてください。こうすれば、1カ月は保存できます。

人気のイカスミ料理は、冷凍スミにおまかせ

人気のイカスミ料理。でも、その都度イカスミを準備するのは、面倒だと思っている人も多いのでは?

でも大丈夫。イカを冷凍するときに、スミも一緒に冷凍しておけば、イカスミ料理も簡単にできるんです。

まず、ワタからスミを手でゆっくりはがします。力を入れすぎると、袋が破れて辺りは真っ黒!なんてことになるので、ここは慎重に丁寧にしてください。

うまくスミがはがせたら、-パイ分のスミをラップで包んで冷凍します。そして、何バイ分かたまったら、料理に使えばいいわけです。スパゲティなら、-パイ分のスミでー人前の分量になります。

●いか(烏賊)の保存方法はこちらにも詳細があります。
→いか(烏賊)の保存方法(健康マトリックス)