あさり(浅蜊・アサリ)は砂抜きして、塩水ごと冷蔵庫で保存

あっという間に変な臭いがして、すぐ傷んでしまうのが、あさり(浅蜊・アサリ)などの貝類です。夏場は常温で砂抜きをしているだけで、傷んでしまうこともあります。

あさりはすぐ食べるときでも、とりあえず冷蔵庫へ入れるのが賢い保存法です。

ここで新鮮な貝類の選び方をちょっとお勉強しましょう。殻つきなら、殻を固く閉じているものを選んでください。ダラ~ツと口を開けているものは、古くなっている可能性があるので要注意です。また、むき身は粘りけのないものが新鮮です。

買ってきたあさりは、まず砂抜きをして。ボウルにあさりを入れ、ひたひたになるくらいの塩水(3%濃度)を注いだら、そのまま冷蔵庫で保存します。

場所は、冷蔵庫の中でも温度が高めの野菜室がベストです。貝は生きているので、冷やしすぎないことがポイントなのです。寒いと活動が鈍くなって、あまり砂を吐かなくなります。

こうして保存すれば、3日間くらい保存が可能です。ときどき塩水を交換するのを忘れないでください。

ボウルの塩水が冷蔵庫内にこぼれそうで心配なら、次の方法がおすすめです。

2時間くらい塩水につけて砂抜きしたら、あさりを取り出して、ビショビショにぬらした新聞紙に包みます。

これをポリ袋に入れて野菜室で保存します。これなら2日間は保存可能です。

すでに砂抜きをして売っているあさりを買ってきた場合も、一応2時間くらい砂抜きをするのがベターです。その後は前述したどちらかの方法で保存してください。

ハマグリの保存も、あさりと同じです。

あさり(浅蜊・アサリ)の冷凍保存方法

新鮮なあさり(浅蜊・アサリ)なら殻つきで冷凍OKです。スパゲティ、お吸い物、酒蒸し・・・と、大活躍のあさり。あさりは、生のままで冷凍可能です。だから、安いときに大量に買ってきて、冷凍保存がおすすめです。

あさりを冷凍する前に、まず砂抜きをしてください。砂抜きをしたら、殻をこすり合わせながら表面の汚れやぬめりをよく落としてください。そして、水気をよくきり、冷凍用パックに平らに並べて冷凍保存します。

鮮度がちょっと心配なときは、砂抜きをした後、サッとゆでるか酒蒸しにして、冷めてから汁ごと冷凍用パックか密閉容器で冷凍します。

ただし、火を通しすぎると固くなってしまうので、ゆで時間はあくまでも短くしてください。

あさりのむき身は、まず海水程度の塩水をふりかけてから流水で洗い流し、水気をきります。

そのままでも冷凍できますが、サッとゆでたり酒蒸しにして冷凍するのがおすすめです。

いずれの場合も1カ月は保存できます。

冷凍あさりの解凍は冷蔵室内解凍が基本です。また、凍ったまま熱湯に入れて加熱すると口を開くので、お吸い物などにはそのまま使えます。

ハマグリの冷凍解凍もあさりと同様にできます。

●サンマ(秋刀魚)の保存方法はこちらにも詳細があります。
→あさり(浅蜊)の保存方法(健康マトリックス)