健康に関する効果や効能に関するキーワードをご紹介
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

味覚障害

味覚障害とは味覚を感じるためある口腔内の味蕾や神経などに障害が生じ、味覚が変わったり、無くなったりしてしまうことです。 舌の表面には小さな凹凸が見えます。それを乳頭といいますが、そこに味蕾という、味を感じる装置があります …

魚の目(うおのめ)

魚の目とは皮膚の一部の角層が限局して厚くなったもので、手足のように刺激を受けやすいところにできます。 魚の目は「たこ」とほぼ同じ症状ですが、魚の目には中心にまるい目をもっており、痛みを伴うのが特徴です。 魚の目(うおのめ …

緑茶(お茶)の保存方法

緑茶(お茶)は、未開封でも香りが抜けやすいものです。緑茶の賞味期間は室温で1年が目安です。開封後は缶か密閉容器に移し、1ヶ月以内に使いきることをオススメします。緑茶を長期保存するなら冷凍保存しましょう。 緑茶(お茶)の冷 …

小麦粉の保存方法

小麦粉は必ず冷暗所で保存しましょう。小麦粉を保存する場合は、袋のままポリ袋に入れて二重にするか、袋ごと別容器に移します。 小麦粉は保存状態がよければ1年くらいもちますが、カビたり虫がつきやすいので、長期保存する場合は冷凍 …

高野豆腐の保存方法

高野豆腐はきめの細かいものを選び、常温か冷蔵室で保存します。 高野豆腐のもどし方 高野豆腐を使うときは、バットに並べて50~60度のお湯をたっぷり加え、落としぶたをして芯がやわらかくなるまでもどします。これを両手にはさん …

高野豆腐

高野豆腐は豆腐を凍結乾燥させた食べ物で、乾燥した状態が固く、水分で戻すとスポンジ状になります。 高野豆腐は正式には「凍り豆腐」と言います。高野山の精進料理として扱われていたところから高野豆腐という名前がついていると言われ …

のり(海苔)の保存方法

のり(海苔)は必ず缶やビンに詰め、乾燥剤を入れて常温で保存します。上手に湿気を避ければ9ヶ月間ぐらい保存でき、パリパリで食べられます。。 いただきものなどで、のり(海苔)が大量にある場合は、冷凍保存すれば、パリパリ感との …

のり(海苔)

のり(海苔)の概要 のり(海苔)とは食用にする一部の藻類の総称で、一般的には甘海苔やあさくさのりのことを指します。 甘海苔やあさくさのりは紅藻類ウシケノリ科の海藻で、日本全国の沿岸に生息しています。主な産地は東京湾、松島 …

ひじきの保存方法

ひじきは湿気さえ防げば、何年でも品質を保って保存できます。 ひじきは色が黒くてツヤがあり、くだけていないものを選ぶのがコツです。 ひじきを使うときは、水がきれいになるまで何度か水をかえてもみ洗いし、たっぷりの水につけても …

干し椎茸(干ししいたけ)のもどし方と保存方法

干し椎茸(干ししいたけ)は軸が短く、かさの大きさがそろっているものを選びます。裏は淡黄色から黄色のものがよく、黒ずんだものは避けましょう。 干し椎茸(干ししいたけ)を使うときは、しいたけがかぶるくらいの水かぬるま湯につけ …

Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 効果&効能キーワード All Rights Reserved.